ちょっと変わった仕事をしている知人から、
『宇宙へ行ける瞑想法』と言うのを教わった。

その方法と言うのが、
自分の胸と下腹に『光る球』があるようなイメージをする。

やがてその球がだんだん大きくなり、
ふたつの『球』がひとつになって、
自分自身を包み込むほどの大きさになる。

この大きな球のイメージを保つことができるようになった時、
肉体から魂が離れて宇宙に行けるようになるという。

知人の

「あなたならできるからやってみて」

という言葉がうれしくもあり、
私もちょっと興味があったのでこれを試してみた。

だが、『二つの球』のイメージを保持するのは本当に難しい。

瞑想に疲れてそのまま寝てしまうことが何度もあった。

そんなある日、
鍼灸治療を受けて少し疲れたので昼寝でもするかと横になった時、
ふと思いついて件の瞑想法を試してみた。

その頃には二つの球のイメージを保持できるようになり、
球が光りながらくるくる回っているのを感じるほどだった。

だけどまだまだ肩に力が入ってしまい、
リラックスには程遠い。
もう疲れたなぁ~と息を吐いた瞬間、
信じられないことが起こった。

光の球がぶわっと一気に大きくなったと思ったら、
ぽ~んとはじかれた感じがして部屋が急に真っ暗になった。

えっと思い周りを見たら、
自分が宇宙空間に横たわった状態で浮かんでいる。

右手のほうに図鑑で見たままの地球があって、
それを見た瞬間、私はものすごく怖くなった。

怖いっと思ったとたんに、
今度は一気に体が下へ落ちてゆく。

瞬きほどの間に私はソファの上に戻っていた。

私はこの出来事で一つ学んだ事がある。

それは、魂の状態でむやみに宇宙に行くもんじゃないって事。

その不安定さにしばらくトラウマになってしまった。

【意味怖】意味がわかると怖い話の最新記事