30年以上前の話

某県にある民宿を営む実家は古くから増改築を繰り返していて、
地下室がいくつかあった

なかには全く使わなくなった場所もあって、
ガキの頃冒険気分で
友達数人と懐中電灯片手に入り込んでた

ある時、
中から人の気配を感じたが
探してみても誰もいない

よく調べると
カレンダーや布団など生活の臭いがあった

その事を祖父母と両親に伝えたが、
なにも知らないと言う

子供心に、
知らない方が良いんだな、
などと考えていたと思う

それから数年後に思い出し、
どうしても気になって改めて一人で入ったんだが
普通ではない状況がわかった

部屋に紙切れが散乱していて

「悲しい、痛い、苦しい、悔しい」

などの恨み辛みが血糊(に見えた)で書いてあった

それだけでパニック状態に近かったのだが、
部屋の片隅に丸まった布団と一緒に
髪の毛のついた頭蓋骨のような物が転がっていた

それを確かめる勇気はなかった、
即地下室を出て誰に伝えようか考えた

祖父母は他界していたので両親に、とも思ったが
何故だか言わない方が良いような気がした

今は両親も他界し、
いろいろあって実家の相続を放棄しているので
継ぐ人もおらず廃屋となっている(誰が管理しているかも不明)

俺にはトラウマな出来事

【意味怖】意味がわかると怖い話の最新記事