小6の時、
実家の二軒並びに建ててあったうちの一軒を建て替えた。

図面を見て祖父は大反対した。

「水場と玄関の位置が悪いから変えろ」

と言っていたと思う。

だかしかし、
父は祖父の話を無視して家を建て替えた。

家が建ちあがり、
初めて部屋を与えられたものの、
なんだか1人の部屋が嫌で、
姉と8畳の洋間で過ごす事にしたんだが、
その部屋にしてから暫くして、
姉が金縛りにあった。

足首を掴まれて引きずられたらしい。

感触もリアルに、
体と布がすれる感じがしたらしい。

次の日に足を見たら、
綺麗に掴まれた所に手形が…。

その数日後、
次は私が金縛りに。

なんだか息苦しくて、
息苦しくて目をあけたら、
肘から下だけしか見えなかったけど、
自分の首を絞めてる2本の腕が…。

真っ暗は怖いからテーブルランプをつけていて、
体が見えないなんて有り得ない状況なのに、
見えたのは肘から下だけだった。

次の日、私の首にも手形が。

手形が消えるまで学校を休んだよ。

流石に洋間は怖いから、
別々に6畳の部屋に移ったが、
私の部屋の隣が洋間。

私達が使わなくなってからは軽く物置状態に。

暫くは何事もなく過ごしてたけど、
気づいたらいつも何か視線を感じる様になった。

飼ってた犬は部屋に来ると吠えるし、
猫は壁とにらめっこして退室…。

嫌だなぁと思っていたんだが、
その事を友達に話したら、

「隣の部屋になんか居るんじゃね?」

との事。

友達を説得してその部屋を見て貰うと、
置いてあった日本人形と夫婦達磨が、
綺麗に私の部屋の方に向いていたとの事。

怖いから親に別の所に移して貰った。

祖父にその事を話したら、
建てた条件が悪いからだと何故かあたしが怒られた。

今はその家に住んでないけど、
いつ行っても空気が気持ち悪いし、
2階は行くに行けない空気たっぷりだし、
最悪な実家です。

兄は普通にそこで暮らしてるから凄いと思う。

兄曰わく、

「なんか居るから、
1人じゃないって思えて寂しくないからいいよ♪」

との事…。

兄が中学の時の話。

壁から顔がはえてきたらしい…

だかしかし、
兄は裏拳で顔面を攻撃。

壁の顔は消えた。

でも壁に穴が空いた。

そこに何を思ったか、
お気に入りのエロ本の1ページを貼り付けた。

未だに実家の壁は卑猥。

兄が24~26歳まで住んでた曰わく付き物件。

台所にはお婆さん、
居間には影?の集合体。

家の中を徘徊するよく分からない物体の居た一軒家。

一軒家なのに家賃は3万。

本当に気持ちの悪い家だった。

引っ越した当初、
耳鳴りと金縛りにしばしば襲われたらしいが、
兄は

「共存して行こうぜ!」

と訴え続けたらしい。

次第になくなる耳鳴りと金縛り。

最終的には、

「見えない家族みたいなもんだよ♪」

と言い放った。

自作のお仏壇?みたいのを作って、
朝晩にごはんを上げてた。

引っ越す時、
非常に寂しそうだったのが印象的。

「寂しがり屋の俺が一人暮らしできたのは、
あいつらのお陰だ」

って言ってた。

実家の話。

先にも書いた建て替えた家、
あまりにも気持ちが悪いので
結局みんな自然ともう一軒の家に移ってしまった。

だかしかし、
曰わく付き物件から帰った兄は、
ここぞとばかりにその家で生活を始めた。

この家でも金縛りにあったらしいが、
やはり

「共存しよう!」

で言いくるめた?らしく、
何事もなく暮らしてる。

一階はまだマシだけど、
二階は酷い。

一日中誰かが歩き回ってるし、
洗面所の鏡には時々女の人が写り込むし、
やたら毛髪が落ちてたり、
視線の感じ方がハンパない。

でもやっぱり兄は、

「誰かが居ると思うと寂しくない♪」

と普通に言う。

兄は感じるだけで見えてないから幸せだなぁと思う。

自分の実家だけど、
あまり入りたくない。

もう一軒家があって良かったと切実に思う。

【意味怖】意味がわかると怖い話の最新記事