小学生の頃、夜ふと目覚め、
隣(1メートル位先)に寝ている母親の頭部のあたりに
ぼんやりと視線を向けた。

真っ暗闇の中に慣れない視界のせいであろう、

次の瞬間、
母の頭部が向こう側を向いているのか
それともこっちを向いているのか、
わからない事に気づいた。

異様な緊張を覚えつつ、
その真実を確かめたい衝動にかられた

私は母の頭部の在るであろう暗闇の1部をじっと凝視した。

だんだんと、暗闇に目が慣れてきた・・・・

と、次の瞬間だった。

向こうを向いていた母の白い顔が、
物凄い勢いで、ギュルン!!と

こっちを向いたのだ。

!!!!!!・・・・

恐怖を感じ、慌てて布団を被り、
そしてそのまま真実を確認することなく朝を迎えた。

幻覚だろうが、恐ろしかった。

ちなみに今現在視力の悪い私は、
たまに裸眼で夜道を歩くことなどがあると、
同じ原理で、ややはるか前方に確認できる人物が
こっちにむかって歩いてくるのか
向こうにむかって歩いているのかわからない!という状態になる。

それも妙に恐い。

【意味怖】意味がわかると怖い話の最新記事