津波にまつわる、
なんだかよくわからない昔話。

この話は私が郷土の史書や怪談集から
同様の話を数多く発見したので
一部では有名な話なのかも。

また、無論のこと史実ではなかろうが、
何かちょっと心惹かれるものを感じる話。

あるとき、青森の小湊に津波が来襲した。

多くの家屋が流され、
また多くの人命が失われた。

しかし、更地になった町を歩いていた一人の男が声を上げた。

化け物のように巨大な蟹が打ち上げられていたのだ。

甲羅が八尺(2.4m)もあったというから、
脚の長さまで含めると5mぐらいにはなったんじゃなかろうか。

津波の原因はこいつだと合点した村の人々は
怒りに燃えて蟹に打ちかかった。

瓦礫や千切れた網を動員しての白兵戦は熾烈を極めた。

蟹は自慢の鋏で網を破り棍棒をへし折ったが、
劣勢になったのを感じてか、
やがて海へと逃げ帰っていったという。

しかし、後日になって蟹は再び小湊の村を襲撃した。

しかも男たちが漁で留守にしている昼間を狙ってだ。

蟹はその巨大な鋏で逃げ惑う女子供の首をパチンパチンと跳ね、
先日の恨みとでも言うように小湊を荒らし回った。

小湊の町は
跳ねられた女子供の血で真っ赤に染まったという。

漁から帰ってきた男たちを待っていたのは、
変わり果てた家々と累々と転がる死体の山だった。

男たちや生存者たちは憎しみに燃え、
大蟹討伐隊を結成した。

遺されたものたちは来る日も来る日も海を見回り、
あの憎き大蟹がやってくるのを待った。

そしてある日の月の晩、
大蟹が丘へ上がっているのが発見され、
男たちは総力戦を挑んだ。

戦いは熾烈を極めたが、
ついに討伐隊は大蟹の右の鋏を叩き落とすことに成功し、
大蟹は片腕になりながらも海へ逃げ帰った。

叩き落された右の鋏は、
大人の手のひらを二つ合わせた位になったという。

その戦いから数日後のことだ。

ある人が海辺を歩いていると、
丘にあの大蟹がいるのを発見した。

しかし、大蟹の様子が妙だ。

蟹は自分が殺した女子供の墓の前に跪き、
じっとしているのだった。

片腕になった蟹はまるで墓に向かって
自分の凶行を懺悔するようにブクブクと泡を吹いていて、
まるで泣いているようだった。

とにかく、墓の前にいるボロボロになった大蟹の様は、
遺されたものたちの目にも何か悲しく、
侘しく見えたのだという。

それを見ていたうちの一人が
「もうやめよう」と言った。

それを見ていた人々は無言で頷いた。

泣いている者もいたという。

大蟹はしばらくするとのっそりと身体を持ち上げ、
しおしおと海へ帰っていったという。

それから時代が下るとまた津波が来て、
その都度小湊の漁師たちと大蟹は憎み合った。

そのとき大昔に打ち落とされた右の鋏は再生していたというが、
いったいこの大蟹は何のために津波を起こすのだろう。

いまだに小湊ではいいサイズの蟹が取れるが、
件の化け物大蟹は網にかからないという。

【意味怖】意味がわかると怖い話の最新記事