大学生のころ、
京都で一人暮らしをしていたんだが、
時々小銭が降ってきた。

部屋の隅に机を置いていたんだが、
その前に座って作業をしている時に、
よく降ってくる。

最初は、
こぼした拍子に服に引っかかった小銭が落ちているだけだと思っていたが、
そのうち頭より上から落ちてくるのに気付くことがちらほらあって、
終いにはあんまり気にしなくなった。

降ってくるのは主に1円、5円か10円玉で、
100円はかなり少なく、
500円玉は記憶に無い。

今は就職して横浜にいるが、
小銭は降ってこなくなった。

実家にいた頃も、
そんな現象はなかったと思う。

京都って、何かいるのかな。

先日京都に行って後輩と遊んでいたら、
足元に5円玉と10円玉が落ちているのを指摘されて、
ふと思い出したのでカキコ。

【意味怖】意味がわかると怖い話の最新記事