私がまだ十代のころの話。

ある日突然、市松人形が欲しくなった。

もう欲しくて欲しくてたまらない。

白い着物に赤い帯、紅はほんのり紅い、
市松人形がなんとしてでも欲しい。

それでお店のお客に手当たり次第情報を求めた。

何処で売ってて、オーダーで作れるか、幾ら位するか…
などなど、どうにかして手に入れようとした。

何日か過ぎた頃、
お店の女性客にこう言われた。

「それ本当に貴方がほしいの?」

???!

目から鱗が落ちた。

そうだ私何で人形なんか欲しいんだろ。

しかも市松人形。

すると、
それまでなんとしてでも欲しかった人形が、
欲しくも何とも無くなった。

ただその話をしている間中、
お客の後ろで市松人形が私を睨んでいた。

それが現実なのか目の錯覚なのか自分に自信をもてず、
その事を忘れた。

私は結婚、出産、離婚と色々あり、
五年ほど過ぎた。

離婚し実家に戻った私に、
姉と姉の友人が訪ねてきた。

昔話をして楽しんでいる最中、
姉の友人が話を始めた。

「そういえばあの時、
貴方が住んでいた家の近くに橋があったよね?」

そう、
私がその時住んでいた家の近くに
小さな橋があった。

別にこれといってなんてことない小さな橋。

ただ私はあまり好きじゃなかった。

姉の友人は続けてこう言った。

「私ね、あそこの橋で女の子を見たよ。
それがおかっぱ頭の着物着た子だった」
(姉の友人は、
よくこの世じゃない世界の人を目撃する人だった)

私は鮮明に記憶が甦った。

忘れてた市松人形。

恐かったけど私は聞いた。

「その子白い着物に紅い帯してなかった?」

「そうそう何で知ってるの?
けっこう恐かったよ。
顔が突然ブワァッて大きくって、
こっちによってきて」

私は間違いないと確信した。

あの時私が突然欲しくなり、
店の女性客に

「貴方の意志じゃない」

と指摘され、
恨めしげに私を睨み消えたあの市松人形だ。

あの橋を渡る時、
私に憑いてきたのだろう。

そして自分が入る体が欲しくなり、
私に用意させようとした。

けれど不覚にも女性客のたった一言で、
私や周囲にきづかれた。

だからあんなに恨めしげだったんだ。

なぜ市松人形が突然欲しくなり、
たった一言で欲しく無くなり、
なぜ恨めしげに私を睨んだのか。

五年後に分かった体験だった。

【意味怖】意味がわかると怖い話の最新記事