昔、高校受験の勉強で
市販の問題集をやっていた時の話だ。

一通り回答した問題の答え合わせをやっていたのだが、
1問だけ正解と解説を読んでも分からない問題があった。

何度計算してもAなのに、
問題集付属の解答にはBと書いてある。

しばらく考えて気付く。

「これ問題集の模範解答の方が間違ってるじゃん…」

すこしイラッときた俺は、
模範解答を赤ペンで書きなおしてやった。

「ハハッざまぁ」

市販の問題集といえど、
誤字脱字間違いは時々あるので、
別にそこまで気にしていなかった。

勉強の腰を折られた俺は、
いったん下の階に下りて飯を食べてから再び勉強を開始したが、
先ほど俺が訂正した模範解答が、
本当の正解である解答になっている。

俺が引いた赤ペンでの斜線と正解は
あとかたもなく消えていた。

簡単にいえば、
もともと模範解答にはB(出版社のミス)と印刷されていたのが、
少し目を離したすきにA(正解)にきれいに書き変わっていたのだ。

記憶違い…?

確かに過去にBだったものが
何かのひょうしにAになっていた、
なんてことは何回かあった。

でも今回は記憶がはっきりしている。

確かに問題集の模範解答は間違っていて
俺は訂正した。

不思議だ。

こういうことが起きるのは、
決まって確率の低い方から高い方への書き換えだ。

パラレルワールドやタイムパラドックスについては詳しくないが、
過去に何らかの変化があった場合、
その時点でパラレルに分岐するという考えが一般的なのだと思う。

けどもしかしたら、世界線(?)は一つで、
過去が変わったら
それ以降の未来は書き換えられているのかもしれない。

それに気付かないだけで。

【意味怖】意味がわかると怖い話の最新記事