江戸川沿いを一人で歩いていたら、
前方からスポーツ刈りで白いタンクトップ、
短パンの男が走ってくるのが見えた。

遠目で見ると風で
ユラユラとたなびいているように見えた。

近づいてきてわかった。

男は体の厚みが布切れほどしかなかった。

服も体と同じようにぺしゃんこで、
本当に全身が風でたなびいていた。

男はにこにこ笑いながら近づいてきて、
すれ違いざまに

「ビビってんじゃねーよ、バカ」

と笑顔のままで言い、
バサッと大きい茶封筒を投げつけてきた。

茫然としている俺を置いて
男は走り去って行った。

封筒の中を見ると、
新聞の折り込みチラシが30枚ほど入っていた。

古いもののようだが、
どれも霊園や葬儀屋の広告だった。

どのチラシも地域に一貫性はなく、
全国各地のチラシだった。

怖くてすぐ捨てた。

男はその後見ていない。

今度見つけたら遠くから写メ撮ってやる。

【意味怖】意味がわかると怖い話の最新記事