高校を卒業して
工場に正社員として入社した俺は
当時3年目の若手社員だった。

その日はいつも通り仕事をしていたが
一人の上司(A)が変な物を持ってきた。

A「なぁK(俺)、これ何だと思う?」

そう言って出してきたのは
5センチ位の汚らしい人形だった。

手作り感が否めないその人形は
厚さ1センチくらいの汚らしい布製の人形だった。

俺「なんですかそれ?どこからもってきたんですか?」

A「いや、ウェスあるじゃん。
あれの中に入ってたんだよ」

ウェスとは
いらなくなった衣類を切り刻んで工場などに出されている、
言わばぼろ雑巾の様な感じで
何かを拭くときなどに使われる物だ。

そしてそのウェスの中には
たまにお金やアクセサリなどが混入しているときがある。
(誰かが着用していた服なのでポケットの中とかに)

俺「何か気持ち悪いっすね、それ」

A「うん・・・まぁいつもの通り
この服着てた人の忘れ物だと思うけどな」

その日から身の回りで変なことが起こり始めた。

翌週の夜勤の時、
工場のラインが停止するとのことで
普段よりもシーンとした夜勤だった。

こういう工場の停止期間は定常作業をやめて
清掃や普段やらない整備作業をやるのだが、
その日俺は床のペンキ塗りをやることになっていた。

薄暗い倉庫にペンキを取りに行った時、
薄気味悪い倉庫の雰囲気が
いつもより嫌な感じがして
俺はジトーっとした汗をかいた。

髪の長い(特に襟足)俺は
襟足をゴムで縛っているのだが
誰かにグイッと引っ張られた。

俺「いだっ!!いだだ!!」

後から来た上司だった。

と言いたいところだが、
誰もいない。

その瞬間今まで体の中に潜んでいた恐怖心が
鳥肌と共にゾワァーっと吹き出てきた。

俺はペンキを床にぶちまけ、
転びながら走って倉庫を出た。

俺「Aさん!!やばい!!誰か俺の!!」

A「なした?てか顔にペンキ着けてw馬鹿じゃねーのwww」

ペンキ・・・こぼしたけど
顔にかかってはいない。

詰め所に戻って鏡を見ると
3本の指の形が俺の左頬を滑らせたかのように汚れていた。

俺の顔にペンキを塗ったのを皮切りに
不可思議な現象は起こる一方だった。

・Aが一人で会社の風呂に入っていると窓が勝手に空いた
・夜勤で天井クレーンの方を見ると黒い影が落ちていった
・2人なら大丈夫だと思い倉庫に行くと2人とも誰かに押された
・そんなこと起こる訳がないと言った上司Bが倉庫に一人で行き
泣きそうな顔をして戻ってきたetc...

そんな現象に耐えながらも
1ヶ月が過ぎようとしていた頃
Aがまた人形を見つけ持ってきた。

A「おーい、またあったぞこの人形・・・」

俺「うわ・・・・てか、それ出てきてたらですよね、
変なこと起こり始めたの・・・」

A「あぁ・・・
でもこの人形前のより表情があるっていうか、
むかつく顔してるよな」

確かに、
言われてみれば前よりも表情豊か、と言うか
腹の立つニヤけた顔だった。

俺たちはその人形を燃やすことにした。

ちょうど使っていたガス溶断機で
その人形を完全に燃やした。

その時何とも言えない臭いに作業場が包まれた。
(翌日来た他作業者には怒られた)

それから少しの間人形は見つからず
平穏な日々を過ごしていたある日
俺は朝からの勤務で、
倉庫にて作業をしていると
いつもウェスを運んでくるおっちゃん(D)に会った。

少し世間話をし、
ふとおっちゃんの乗ってきた車を見ると
後部座席におばちゃんが乗っていた。

俺「ねぇ、あの人誰です?いつも一人ですよね?」

D「あぁ、何か今日は私も乗せてけって聞かないから連れてきたんだよ」

俺「へぇ、手伝いもしないのに変な人で」

俺は言いかけた言葉を全部飲み込んだ。

そのおばちゃんは俺と目が合った瞬間ニターッと笑い
確かに『ミツケタ』と口を動かしていた。

D「まぁ気にしないでくれ。変な人なんだよ。
いつも一人で人形とか作ってたりしてる人なんだ」

俺「あ・・・・あ、俺もう行きますね・・・
別の仕事もあるんで・・・・それじゃ・・・」

俺は走って逃げた。

それから俺は仕事で背中に火傷を負ったり
いろいろ怪我が絶えなかったけど
最近は何も起こらなくなった。

なんせ、おっちゃんの話によると
あのおばちゃん火事で死んだらしい。

人形を燃やしたのが何か関係あるとするのなら
因果応報?的なあれだろう。

そして上司のAさんも火事で亡くなった。

きっと俺の代わり、
いや、俺もその内死ぬ予定だったんだろう。

【意味怖】意味がわかると怖い話の最新記事