前の会社にいたときの話。

社名出したらたぶん誰でも知ってるぐらいの会社なんだけど、
本社に幽霊が出るってずっと言われてた。

自称見える人たちの話では、
防空頭巾みたいのをかぶった子供らしく、
水回り(給湯室とかトイレとか)での出没、
あと決まったフロアでの目撃談が多かった。

ちなみに『出る』というフロアは、
夜間に機械警備をかけると異常発報するため、
かけずに帰るように言われていた。

俺は何も見えなかったけど、
深夜まで残業してると、
フロアに残ってるのは俺一人で、
守衛もいないビルなのに、
廊下で人が走る足音や、
エレベーターが到着する音を聞いたりしたことは何度もあった。

ある時、自称見える人が

「最近子供の幽霊がいなくなった」

という話をしてくれた。

その頃その会社はいろんな事件を起こし、
マスコミに連日叩かれていた。

俺はその直後に会社を辞めたんだけど、
半年後には会社がつぶれてしまった。

みんなが見てたのは
座敷わらしだったのかなーと今でも思っている。

【意味怖】意味がわかると怖い話の最新記事