俺が高校3年の夏休みに
とある病院の廃墟で奇妙な体験をした。

そのころ廃墟巡りが俺たちの中で流行り
夏休みは廃墟巡りをして楽しんでいた。

メンバーは俺と同級のやつと先輩の二人。

先輩は免許を持ってることで
車で県内の廃墟スポットをしらみつぶしに回った。

夏休みも終盤になり
廃墟の病院があるという情報を入手し
俺たち4人はいつもの様に探索することになった。

ただ夜は危険ということもあり
(お化けよりも物理的に危険な人達が・・・)
昼間行くことになった。

俺たちは昼頃集合し
昼飯を食って車で1時間程度走ったところにある
病院の廃墟に到着。

時間は3時くらいだったろうか。

そこは国道から一本道を入った奥まったところにあったが
周りには民家もけっこうあり
それほどイヤな予感はしなかった。

廃墟は3階建ての比較的大きな病院だった。

案の定、ガラスはすべて割られ
ところどころに落書きがされていたが
昼間と言うこともあり
怖さというものはまったくなかった。

先輩が

「なんか楽勝じゃね?二組に分かれて探索するか」

と言ったので
俺は同級の奴と回ることにした。

まずは俺らが先に入ることになった。

一階を回り2階へ上がったところで
外で待っている先輩に合図。

続いて先輩が建物の中にはいる。

さすがに病院なので
薬の瓶や残されたカルテなど
異様な雰囲気をかもし出している。

所々に置いてある棚を開けては
わーわー騒ぎながら2階を制覇。

そして三階のちょっとした広くなったところで
先輩を待つことにした。

10分もして先輩と合流。

上まで上がってきた間の部屋の様子を話して、
3階を先輩と回ることになった。

昼間と言うこともあり
日もけっこう差し込み建物の中は
明るく怖いという感覚はそれほどなかった。

むしろ物足りない気持ちだった。

そろそろ戻ろうかという時
先輩が

「おまえら、俺らが下に降りるまでここにいろ。
降りたら下から合図するからそしたら降りてこい」

と言った。

物足りない俺には楽勝だったので

「いいですよ」

と言ってそれに答えた。

まあ上がってくるときに一通りの部屋は見たし、
階段降りるだけだから
それほどかからないだろうと思った。

10分くらいたち下の方から

「おーい、降りてきていいぞー!!」

と声がかかった。

同級の奴に

「じゃあ行くか!」

と言って階段をゆっくり下りていった。

普通に1階に降りていくだけなら1分とかからない。

特に何もなく1階に降りきったが
実はまだ地下があった。

1階の階段を下りきり
Uターンする形で裏側に回ると
地下に降りる階段がある。

どうやら先輩も地下に降りたから
時間かかったようだ。

さすがに地下ともなると
真っ暗で懐中電灯を使って二人で降りていった。

地下はそれほど広くなく
コンクリートうちっぱなしの5mくらいの廊下。

突き当たりの左右には部屋があり
そこまで行って中を懐中電灯で照らしてみた。

右側の部屋はどうやら機械室のようで
空調や配水管等のパイプがはりめぐらされていた。

左の部屋は畳が敷いてある6畳ほどの部屋だった。

なんでこんな場所に畳の部屋があるのか
疑問に思いながら地下を後にした。

1階に戻り
外でまつ先輩のところに行った。

先輩に

「特に何もなかったですね。
で、地下の方いきました?」

と尋ねてみた

先輩は

「おう、行ったよ。
上に上がるときに気になってたんで
ちょっと行ってみた」

どうやら先輩もその地下に行ったようだ。

先輩が

「普通に機械室みたいなのと
ソファーが一個置いてあるコンクリートうちっぱの部屋だったな」

と言った。

すかさず俺が

「えっ?畳の部屋じゃなかったですか?」

と言ったが先輩は

「いやコンクリートの部屋だった」

と主張。

先輩二人と俺ら二人の見た物が
あまりに違うものだったので底知れぬ恐怖を感じ
もう一度確認するという考えも思いつかず
その場を後にするのだった。

幾月か経ち
バイト先にその廃墟に行ったことがある奴がいたので
地下の話をしてみた。

そいつの話では地下の廊下の突き当たりにドアがあり
それを開けると機械室があったという。

突き当たりの左右には部屋はなかったと言われた。

俺たちが見た畳の部屋やソファーの部屋は何だったんだろう。

しかも地下の部屋の構造までかわっている。

今思い出すと地下には一つも落書きがなかった。

それ以外の階は落書きがびっしりあったが。

これも何か理由があるのだろうか。

残念ながら今ではもう廃墟も取り壊され
確認することが出来ないが
未だ疑問が残る廃墟だった。

【意味怖】意味がわかると怖い話の最新記事