これは霊感のある友達から聞いた話です。

この友達は霊感が強くて、
よく霊を見るようでした。

ある日、
渋谷の交差点を少し過ぎた辺りを歩いてるとき、
車道から突然

「キキー、ドーン」

と物凄い音がしたそうです。

振り返ってみると、
男の人が車にはねられて、
血まみれで倒れていました。

ヤバい、事故だ!どうしよ~?と思って周りを見回しても、
みんな知らんぷり。

むしろ気づいてないようでした。

そこで友達は、
なんだ霊か~ビックリした~と気づいたそうです。

しばらくすると
その血まみれの男の霊はムクっと起き上がり、
歩道の植え込みの方に戻って行きます。

そして意を決した顔で、
また道路に飛び込みました。

再びドーンという衝撃とともに宙へ舞い上がり、
血まみれで倒れ込みました。

そしてまた起き上がり、
歩道の植え込みに戻っていきました…

それを延々と繰り返してるのを3回程見て、
彼女は帰路についたそうです。

毎回起き上がる男は、
凄く困った表情をしていたそうです。

死ねば楽になれる!と自殺したのに、
結局自殺したことに気づいてない?のか、
『死』に縛られてしまったのか?

で、その場所に縛られて同じ苦しみを延々と味わい続ける…

その表情は正に自殺の無意味さを物語っていたそうです…

死ねば楽になれるなんてことはないみたいですね。

【意味怖】意味がわかると怖い話の最新記事