高校の時の話です

当時吹奏楽部に所属してて
結構遅くまで練習することがよくありました

中でも私は家が遠く電車での通学だったのですが
田舎なので本数が少なく
電車の時間まで一人で部室で過ごすのが日課でした

大会や演奏会前は居残り練習する部員がいて賑やかなのですが
基本的には終礼が終わった後は
最後に部室を出るのは私で
部室に施錠をして帰っていました

この部室というのが
学校の敷地内の一番端に離れて建っていて
隣は山ということもあり
暗くなると本当に不気味でした

そしてある日、
親が迎えに来てくれるという事になり
他の部員が帰った後
またいつものように一人で部室に残っていました

部室の中の一番角にあるドラムの椅子に座り
楽譜を整理していると
コンコンとドアを叩く音がしました

もう暗い外をドアのガラス越しに見ると
母親が迎えに来ていました

それから電気を消し施錠をし
何事もなく車に乗り込むと
母が不思議そうな顔で尋ねてきました

「後ろにもう一人女の子立ってたけど
鍵締めてよかったの?」

ゾッとしました

部室には確実に一人でしたし
狭い部室でドラムの椅子の後ろに人が立てるスペースなんてないのです

誰もいないと言って
早く車を出すように促しました

【意味怖】意味がわかると怖い話の最新記事