30年程前の洒落にならない実話。

当時、大分下火になっていたものの全国的に心霊ブームで
週刊誌でも「心霊写真」コーナーなるものが普通にあった。

女子大生だった私の友人は、
学生アパート住まいの女友達の部屋で
パジャマパーティー(寝間着姿での飲み会、当時流行っていた)をやっていて
盛り上がりった勢いで写真を何枚か撮って、
現像が上がってくると
その内の一枚の窓の外に人の顔が。

如何にも心霊っぽい不気味な顔がボンヤリ写っていて

「げっ!マジで心霊写真じゃね!?(((;゜Д゜)))」

と、私の友人が某全国雑誌に投稿。

採用されて結構大きく(しかも顔部分の拡大写真付きで)掲載されたが
それは実際には心霊写真でも何でもなく
そこの学生マンションの引き籠り気味だった大家の息子が
ベランダに入り込んで、友人達の様子を覗いていたのが
偶然、写真に写り込んでしまっただけだった。

マンション住人の友達はその息子の顔も知らなかったが
それでもご近所や知人には息子の顔を見知っている人も居たから
いくらピンぼけでも、拡大写真で大きく載ってしまったので
あっという間に特定されて、覗き見がバレて息子は
その後、完全に引き込もって後に自殺。

マンション友達は覗き見騒動の時に、
居たたまれなくなって解約して既に出ていたので、
息子の自殺にはリアルタイムで遭遇していないけど
投稿した本人である私の友人の方は
半分ノイローゼみたいになってしまったよ。

【意味怖】意味がわかると怖い話の最新記事