とても怖いトラウマ体験です

20代の頃
会社勤めの私には
出会いがまったくなく彼女がいませんでした

そんな私に会社の先輩から
女の子を紹介してもらいました。

まあ紹介というか
メアドを教えてもらったんですが
最初はお互い緊張して
会話もぜんぜん成り立っていなかったんですが
しだいに仲良くなっていき
会おうということになりました。

実際会うと
すごくかわいくてやさしそうな子でした。

彼女は調理師の仕事してるらしく
デート時はいつもおいしい弁当と作ってくれました

このまま結婚して
幸せな家庭を作るんだなって思ってました

しかし、
付き合って三ヶ月後のデートの時

公園で会話を楽しんでいたとき
野良犬がこっちに向かってきたので
彼女が「おいでおいで」と
手を出したところ
その野良犬は彼女の手に噛み付きました

その後信じられない光景を目にしました

キレた彼女はものすごい勢いで
野良犬を蹴り続けました

いつもとは想像できないくらい怖い顔で

犬が弱まってもまだ蹴り続けたので
さすがに彼女を止めました

止めたあと彼女は私に対して

「こんな馬鹿犬殺しとけばいいのに」

と言いました。

さすがに私もその時はひきました

しかし、今日のことは忘れることにしました。

その事件のあとすぐ
会社から呼び出しの電話があったので

「ごめん
呼び出したあったから
ちょっと会社に行かなければいかないんだけど・・・」

というの彼女は笑顔で

「そっか、分かった!
頑張って行ってきて、わんちゃんはやりすぎたね。
ごめんね変なとこを見せて
あとで動物病院に運んでおくから!^^」

そういってくれたので
私は会社に安心して向かいました

そして次のデートでは
いつものやさしくてかわいい彼女で
いつもみたいにおいしい弁当を作ってきてくれました。

自分もこの前のことは
完全になかったとこにしようと思いました

それからいつもと同じ
楽しい彼女との日々が続き
俺のアパートにも毎日来るようになりました

ある日のこと

仕事帰りに私のアパート来た彼女

いつもと様子がおかしく怖い顔

「同じ現場で働く糞ババー超むかつくわー」

と職場の愚痴を俺に話し出しました

同じ職場で働く50代のパートの女の人で
彼女に細かい注意をよくするらしく
それに対して彼女は相当むかついている様子でした

「まあ、どこでも同じ気にすることないさ!」

彼女を励まし、
彼女も落ち着きを取り戻しましたが
それから毎日そのことを愚痴るようになりました

それから一ヶ月ぐらい過ぎたとき
毎日来てた彼女が急に来なくなりました

携帯にTELやメールを送ってもまったく返事が来なく
彼女のことを心配してたんですが・・・

4日ぐらい?過ぎて
ようやく彼女から連絡ありました

「忙しくて連絡できなくてごめんね」

と言ってくれて
お詫びに今日夕食を彼女のアパートで作ってくれるとの事。

仕事終わったあと彼女のアパートに向かいました

おいしいそうな肉料理が用意されており
今まで食べたことない食感で
おいしく全部食べました。

デザート用意するから待っててと言ったので
その間トイレを借りようと思いトイレに向かうと
トイレの近くにある風呂場から
すごい悪臭がするのに気づきました。

興味本位で風呂場を覗くと
黒いビニール袋があり、
そこから臭おうことに気づきました

何かとてつもなく嫌な予感はしたんですが
臭いの原因を知りたく開けてみると
吐き気の出るような悪臭とともに骨とか、
どこかの内臓やらが入ってました

そしてそれの正体が
すぐ人間のものだと気づきました

人間の手が入ってたんです。

あまりに恐ろしさに腰を下ろしたと同時に
失禁してしまいました。

少し放心状態が続いたあと
ここから逃げないとやばいと思いました。

彼女に見つからないように
玄関まで着いたとき
急に背中にすごい痛みが・・・

振り返ると
彼女がものすごい怖い顔で
包丁を片手に睨んでました

背中を切られたことにすぐ気づきました

彼女は基地外みたいな奇声を上げたあと

「あなたには知られたくなかったわ」

と右足を包丁で刺しました

あまりに激痛で大声を上げました

私は彼女にあの死体のことを恐る恐る聞くと

「あの糞ババアの死体よ!
そしてさっき食べた肉は
あの糞ババアの肉よ!
ギャハハハハハ」

ともうそこにいるのは
俺の知るやさしい彼女ではなく
鬼のようなモンスターでした

「知られた以上あなたは私が食べてあげる
そうそう!死ぬ前にいいとこ教えてあげる!
この前私を噛んだ馬鹿犬いたでしょ?
あれは私が料理してあなたの弁当の中にいれてあげたわ
ぎゃはははははははは」

結構出血したせいか意識がなくなってきました

そのとき私は死を覚悟しました

俺は彼女にこのまま食われると思うと涙も出ました

次に気づいた時は病院のベットの上でした

どうやら私は助かったことを実感しました

あとで警察の人に聞いた話では
私が意識がなくなったあとすぐ警察がかけつけて
彼女は殺人罪で逮捕されました

隣の人がことの重大に気づき
警察に通報してくれたみたいです

そのときの怪我で
右足は完全に動かせなくなりました

なぜか、ニュースにならなかったみたいです

人肉事件だからか?

むしろ私にはいいですけど
思い出したくない話ですから
今でも肉食べるのに抵抗あります。

私が今一番怖いのは彼女が戻ってくるとこです

私は彼女のエサですから・・・・

【意味怖】意味がわかると怖い話の最新記事