うちの家は二階建てで一階に
祖母の部屋、台所、キッチン、座敷、風呂で
二階には、居間、両親の部屋、子供部屋になっている

小さい頃は一人で寝るのが怖くて
祖母の部屋でよく寝ていたんですが
多分、五歳くらいの頃
祖母の部屋で寝ていて夜中に目が覚めたんですよ

祖母の部屋は畳だから布団を敷いていて枕元に、
いつも小さな明かりをつけていました

頭のほうに目をやってみると
誰か居たので体を起こして見てみたら

オカッパ頭で着物を着た女の子が
正座してジーッと自分を見ているんです

なぜか私は手を出して、
その子に触れようとしたら横で寝ていた祖母が

「手を出したらいかんよ!」

ビックリして手を引っ込めようとしたら
その女の子が私の手を噛み付いてきたんです

痛くて泣いてたら、
祖母が私の手をさすりながら

「ほら、手を出したらいかんって言ったやろ?」

その日を境に一階に居るときに
二階から誰かが走っている音や笑い声が聞こえてきてました

そんな事もいつしか無くなって、
すっかり忘れてたんですが

私も小学生になっていて、
家に帰っている時に
通学路にある公園を差し掛かっていたら
公園の1番端から知らない女の子が

「お~い!今帰り~?」

と私に話し掛けてきました

「うん。今帰りだよ~!」

「そっか~ばいば~い!」

手をブンブンふっていたので
私も誰か分からないけど
手をいっぱいにふりかえし家に帰りました

家に着いてその子が誰だか思いだしました。

昔、手を噛み付いてきた子だ・・・

今でもその子が何なのか分からないままです。

祖母が亡くなる前に聞いておけばよかった

【意味怖】意味がわかると怖い話の最新記事