そういえば俺にも、
ガキの頃の変てこりんな記憶がある。

俺が4~5歳くらいの頃。

姉ちゃんの持ってた抱き人形(寝かせるとまぶたが閉じるやつ)が、
庭のポリバケツの上に縛られて置いてあった。

親が捨てようと思ったんだろう。

それを見てどうにも可愛そうになった俺は、
その人形を抱いて家の中に入り、
捨てないでくれと親に泣いて頼んだ。

で、その人形は捨てないことになった。

だが次の日(だったと思う)幼稚園から帰り、
ポリバケツの上を見るとまたあの人形がある。

そんで泣き叫ぶ俺。

困ったような顔をして

「じゃぁ捨てないよ?」

とか言うかぁちゃん。

そんなことが何回か続いたと思う。

そんなスッタモンダを何回か繰り返しているうちに、
俺も子供心に

『親があれだけ必死こいて捨てようとするんだから、
捨てた方がいいに違いない』

って心境になり、
親の言うまま素直にあの人形は捨てた。

それからしばらく経って親から聞いた話だが、
俺が捨てないでくれと言った人形を、
次の朝起きると、今度は俺自身が

「あんな人形は早く捨てろ。
お願いだから捨てろ」

と暴れたらしい。

でも捨てると、俺が拾ってくる。

かなり困惑したらしい。

でも俺自身には、
「捨てろ」なんて言った記憶は微塵も無い。

捨てないでと、
駄々をこねた記憶しか無いんだよな~。

【意味怖】意味がわかると怖い話の最新記事