これは知人から聞いた話です。

群馬県の国道沿いの中古車販売店で、
新品同様の白の高級車が30,000円で販売されているのだそうです。

ある大学生がドライブの帰りに
たまたま通りかかった群馬県の中古車販売店で、
人気の高級車がなんと30,000円で販売されているのを発見したのだそうです。

車の買い替えを考えていたその大学生は、
さっそくその車を見てみると。
年式も新しく、走行距離も短く、
機関の状態も非常に良かったので購入することにしました。

次の休みに彼女とドライブに行き、
デートは非常に盛り上がりました。

そろそろ日も暮れたしちょっと休んでいこうという雰囲気になり、
彼女がサンルーフから顔を出し
涼しい夜風にあたっていたその時です。

前方の道路標識が折れ曲がっていて、
ちょうど彼女の首に接触してしまったのです。

彼女は道路標識が接触した衝撃で首が切断されてしまい、
なんとその首はボンネットに転がり
ちょうど運転席の目の前に乗り上げて止まりました。

運転している彼は
ボンネットに乗り上げた彼女の生首と目が合ってしまい、
発狂してしまったそうです。

なんでもこの車は購入した者や同乗者の首が切断されるという事故で、
何度も売りに出されているそうなのです。

どこかの中古車販売店で、
今日も30,000円の高級車が売られているかもしれません。

【意味怖】意味がわかると怖い話の最新記事