A県にある有名な
心霊スポットの旧Iトンネルに行った時の話。

当時高校生だった俺は、
夏休みの深夜にDQNの男5人で集まって
暇潰しをしていた。

よくあるパターンで心霊スポット行くかwとなり、
全員原付に乗って1時間くらいかけて向かった。

到着したのは深夜2時。

ビビりな俺は途中の山道から相当キテたが、
雰囲気ありまくりのトンネルを目の前にして卒倒寸前。

「余裕だろ」

と粋がってた奴も軽く体がのけ反ってるしw

まぁ、DQNだけに
皆強がって真っ暗なトンネルに入ろうとしたら、
普段なら真っ先に入っていくであろう井上(仮名)が
最後尾でガクブルしてんの。

正直全員ビビってたんだが、
自分よりも怖じ気付いた奴を見つけて心に余裕ができた俺らは

「井上、何ビビってんだよww」

ってからかうと、
うつむいて真っ青な顔しながら

「ビビってねーし!!」

と強がるのが面白くて、
俺ら4人は一斉にダッシュして
奥まで入って行った。

もちろん追いかけてくると思っていたんだが、
後ろからは足音がしないし、
目の前は10センチ先も見えないぐらい真っ暗で、
逆に俺らが深みにはまってしまった。

「やべ、戻ろうぜ」

と言い、
来た道を又もやダッシュで駆抜けてると、
もうちょっとで外に出るという所で、
一人が

「痛い痛い痛い痛い!!」

と絶叫してうずくまった。

何が起こったのか分からず、
振り返ると必死に右腕を押さえながら叫んでいる。

「おい、どうした?!」

と声をかけても痛いとしか言わず、
入口のとこに立ってた井上が俺らを見て

「早く引っ張り出せ!!」

と怒鳴ったのを聞いて、
3人がかりで引きずろうとしたんだが、
全く動かないんだよ。

体重60キロぐらいの筈なのに、
男3人が力一杯引っ張っても動かないし、
その間もずっと痛い痛いと叫んでる。

尋常じゃない空気に俺らはパニックになってると、
急にうずくまってた奴が気が狂ったように

「ヒャハハハハ…」

って笑い出した。

目は白目を向いて、
顔はこれでもかってぐらい歪ませてる。

その瞬間そいつの体が軽くなり、
今だ、って俺らは外に引きずり出した。

それでも笑ったまんまのそいつに井上が寄って行くと、

「しっかりしろ」

と怒鳴りながらビシバシ顔をハタキだす。

すると、ハッとしたようにそいつが気を取り戻して

「あれ、何やってんの?ここどこ?」と

すっとぼけた事を言い出す始末。

誰も冗談を言う状況じゃなく、
普通に今あった事を伝えると、

「そういえば顔と腕が痛いな」

そう言い右腕のシャツを捲ると、
くっきり骨のように細い手形がついてた。

俺ら真っ青になって

「早く帰ろうぜ」

ということになり、
原付5台が縦に並んで山道を走って帰った。

腕に手形の奴が前から2番目、
井上がその後ろだったんだが、
何にもない平坦な道で手形の奴が派手にコケたんだよ。

井上も後ろにいた俺らも
急ブレーキでなんとか二次災害は避けられたんだけど、
コケた奴は血だらけ。

悲惨な状況になりながらも俺らは家路に着いた。

手形の奴は近所の緊急病院に直行し、
俺らは井上の提案で寺にお祓いに行くことにした。

つってもまだ午前4時だったし、
朝になるまでファミレスで飯を食いながら待つ事にした。

そこで井上がさっきの事を話出した。

「お前ら、トンネルの中に
ババアが立ってたの見えなかったのか?
真っ暗なのにババアだけしっかり見えたんだよ。
怖くて入れるわけねーじゃん。
なのにお前ら自分からダッシュで入って行ったから
ババアも付いてったよ。
で、おまえらが戻ってきたら、
しっかりとあいつ(手形の奴)の腕を掴んで
奥に向かって引っ張ってるじゃん。
で、スッとババアが消えた瞬間、あいつ笑い出したし。
それと、コケた時、
あいつの後輪が横から押されたみたいにスベッたんだよ。
ありゃコケるわな」

俺らは口数の少ないまま手形の奴からの連絡を待ち、
打撲とすり傷で入院する必要は無いと知り、
合流して朝一でお祓いに行った。

すでに数年経つが俺らは元気に過ごしています。

【意味怖】意味がわかると怖い話の最新記事