ほんとに小さい頃、
家に母方のバァチャンが良く来てた。

色んな昔話を寝る前にしてくれて、
ワクワクしたのをおぼえてる。

全部ジィチャンが主人公になってるんだけど....

例えば、
ジィチャンが夜に田んぼの畦道を歩いていたら突然、
顔に冷たいこんにゃくみたいなものが「ぺろ~ん」ってくっついて来て、
驚いたジィチャンが、腰に差していた刀で切り払って、
家まで逃げてきてバァチャンに報告。

次の朝2人で恐る恐る見に行くと、
そこに狢が血を流して死んでいたとかね。

大人になって思い返すと、
良くある昔話だったんだけども、
そんな中で一つだけ「?」と思う話がある。

ある晩ジィチャンが寄り合いに出かけて、
かなり遅くなってから帰ってきたんだと。
それも激怒しながら。

「○○は絶対に許さない!酷い目にあわせるっ!」

とかなんとか言って、
目を吊り上げて怒ってるジィチャンを見て、
のんきなバァチャンは

「何をあんなに怒ってるのかなぁ」

なんて思ってた。

するとジィチャンは台所から塩壺を持ってきて、
部屋のすみで何やらブツブツ言いながら塩をイヂリだしたから、
バァチャンは、怒りすぎて少しオカシクなっちゃったのか、
と流石に心配になったんだって。

ヒトシキリ塩をいぢると、
ジィチャンは

「寝るっ」

と言って寝ちゃった。

バァチャンも「?」とか思いながらも寝た。

その次の日、
近所の人から

「○○さん家が火事だして、
家も納屋も全部焼けたんだって」

と聞いたンダヨォ~

バァチャンおっかなくて誰にも言えなかったぁ~

でも誰も死ななくてホットしたんだぁ

だって。

【意味怖】意味がわかると怖い話の最新記事