以前働いていた東京の会社で体験した話…。

この会社は8階建ての建物の6階部分を、
ワンフロアー間借りしてオフィスにしていた。

それぞれの階は100人以上が収容できる
中規模クラスの建物だ。

この建物のその他の階には、
それぞれ別の会社が入っていたのだが、
収容人数に対してトイレの個室の数が極端に少ないため、
非常階段を昇り降りして
他の階のトイレを利用させてもらう事がよくあった。

この建物は夜、
各フロアーの最終退出者が施錠すると
自動的にセキュリティーが設定され、
最終退出の後は2~3分後に空調および
照明がすべて落とされてしまう。

エレベーターもその階を素通りし、
非常階段の鉄扉も内側からのみ開くようになるので、
警備員を除いて、
階段側から共用廊下へ侵入することができなくなるのだ。

当時私の部署は
納期直前の時期に差し掛かっていたため残業がひどく、
早朝から深夜まで仕事に縛りつけられていたので、
唯一の憩いの場がトイレの個室になっていた。

夜10時ころになり、
一呼吸入れるためトイレで休憩することにした。

同僚から見とがめられるのを避けるため、
わざわざエレベーターに乗り、
8階のトイレの個室に入って
しばし携帯電話でニュースを読む。

この8階は、
我々の会社と同じくIT関係の会社が
1店舗入っていたと思う。

ほどなくして、
その階の最終退出者が施錠し、

「ピッ、ピッ、ピッ」

という一定リズムの電子音が遠くで鳴り始めた。

自動セキュリティー開始の合図である。

それを意識の外でぼんやり聞きながら
構わず携帯を弄っていると、
2~3分後にすべての照明が落とされた。

ふいに目の前が完全な闇に包まれる。

それまで静かに聞こえていた空調の音も消え、
見えるのは自分の携帯電話から発せられるバックライトの光だけだ。

このような状況にはこれまで何度か遭遇していたので、
のんびり慌てずにキリの良いところまで携帯電話を操作して、
いよいよ個室の扉を開けて外へ出ようとしたときだった。

不意に人の声が聞こえてきたのだ。

その声はぼんやりとしていて
話す内容まではよく聞き取れなかった。

しかし聞き耳を立てていると、
徐々にこちらへ近づいてくるようだ。

最終退出の後、
警備員が確認に来たのだろうか?

既に消灯されてから5分以上が経過していたので、
このフロアとは何も関わりのない私がこの場にいるのは極めて具合が悪い。

とりあえず相手をやり過ごしてからこっそり出ようと、
ドキドキしながら聞き耳を立て続ける。

居室以外の共用部分はどの階も造りが同じになっていて、
見るからに安物の実用一辺倒なみすぼらしいカーペットが敷かれている。

そこからトイレに踏み込むと
耐水性を優先したリノリウムの床になる。

カーペットを歩けば軽い衣擦れのような音がするのだが、
履物によってはあまり音が聞こえない場合もある。

それに対してトイレに入れば
いかなる履物でもすぐにゴムが擦れるような

「キュッ、キュッ」

という特徴的な音を立てるため、
仮に忍び足で歩いたとしても少なからず、
摩擦音が聞こえるはずだ。

声がいよいよ近づいてくる。

しかし相変わらず内容はハッキリとしない。

それどころか
とても陰鬱なボソボソした独り言のような声なのだ。

そもそも警備員が二人で歩いてきたとすれば、
そんなに小さな声で話すだろうか?

なおも、声が近づいてくる。

心臓が徐々に激しく鼓動を打ち始める。

その声はトイレの入り口の辺りに差し掛かったようだ。

しかし何も足音は聞こえない。

声からすると移動はスムーズに淀みなく続いている。

しかし衣擦れや足音が一切聞こえないのだ。

「どうし…、こ…な……に…、ど…し…、こんな………。」

不気味な声が近づいてくる。

僅かずつではあるが、
聞き取れる部分が増えてきた。

だが、相変わらずボソボソとした声で、
途切れ途切れにしか聞こえない。

その声がトイレの入り口の辺りで
一旦足を止めたようだ。

本当に警備員だろうか?

なぜなら足元の隙間から
懐中電灯の明かりなどが一切漏れてこないのだ。

数秒間その場にとどまった後、
再び声が聞こえ始めた。

どうやらさらに近づいてくるようだ。

「どうして、こんな……に…、どうして、こんなこ…に…。」

相変わらず足音は聞こえない。

だが、どうやら自問自答するような言葉を繰り返しているようだ。

俺は入り口から最も遠い個室に入っていたのだが、

既に声の感じからすると
入り口のすぐ横の洗面所の辺りまで近付いているようだ。

そしてこれまで聞き取れなかった陰鬱な声が
ハッキリと聞き取れ始めた。

「どうして、こんなことに…。どうして…。こんなはずではなかったのに…。」

その声を聞きながら
全身の鳥肌が一斉に逆立つのを感じた。

何かを後悔しているようだ。

しかしその声が地獄の底から聞こえるような、
非現実的な響きを伴っている。

全身から嫌な脂汗が流れ始める。

鳥肌が一向に収まる気配もない。

声の陰鬱さもそうだが、
どうして足音がしないのだろう?

そして、なぜこれ程の完全な暗闇の中を、
独り言を呟きながらトイレに入ってくるのだろう?

そういえば、
8階のトイレは俺がこのビルで働き始めた2年前から、
いつも故障中の張り紙が貼られた個室が1つだけあった。

なぜ2年間も故障したまま修理されないのだろう?

これまで別の階で水が溢れて大騒ぎになったことがあったが、
その時はすぐに修理されて使えるようになったのではなかったか?

『まさか!』

と嫌な予感が頭をよぎり始める。

その故障中の個室は、
俺がいる個室のすぐ隣にあったのだ。

個室のすぐ外、
私のいる場所から1mも離れていない場所で、
再び

「どうして、こんなことに…。」

という声が聞こえた。

ゾクリとして身動きできないでいる。

呼吸すらまったくできない。

携帯電話は省電力のために既に消灯し、
少し前から完全な暗闇になっている。

自分の目が開いているのか閉じているのかも
わからないくらいの完全な暗闇だ。

その数秒後、
何かを絞ったような

「キシキシキシ」

という軋み音が聞こえたかと思うと、

「うぐっ、ぐぅ…、うぅぅぅ…。」

という、
くぐもった苦しげな声が

『隣の個室の中から』

聞こえてきたのだ!

それと同時に、
個室の壁をめちゃくちゃに暴れて蹴飛ばすような、

「ドカン!ドカン!ドカン!」

という大音量が立て続けに鳴り始めた。

突然の出来事に死ぬほど怯えながらも、
その大音量を合図に手探りで鍵を開け、

「うわぁ~!」

と思わず叫びながらトイレの個室を飛び出した。

しかし完全な闇で扉を開けた後も何も見えない。

自分がどちらを向いているのか、
出口がどちらにあるのかもわからない。

慌てて携帯電話のボタンを適当に押し、
しばらく待ってから淡い光を前方に向ける。

隣の扉はやはり閉まったままだ。

誰の姿も見えない。

しかし、

「ドカン!ドカン!ドカン!」

という恐ろしい音が鳴り響いている。

携帯を握りしめたまま、
うっすらと見える道を必死に走り、
転ばないように最小限の注意を払いながら
非常階段を目指す。

ようやく鉄の扉に辿りついて
ドアのレバーを押し下げるが、
扉が

「ガツン!ガツン!」

と何かに引っかかって、
押しても引いても全く開かない。

「うわぁ、ドアが開かない!
開かないぃぃぃぃ!
誰か開けてくれ~!」

と叫んだが、ふと見ると

「-」

のような形のドアロックを90度回して解錠しながら、
レバーを下げなければ開けられないことを思い出し、
転げ出るように非常階段へと飛び出した。

その階段も真っ暗に消灯されている。

元々、動体センサーで動くものを捉えて
蛍光灯が点灯するようになっていたので、
気にせず階段の手すりを手探りで探し当て、
転げ落ちるように階段を駆け降りた。

自分を追いかけるように背後から点灯していく蛍光灯。
その光に励まされながら階段を降り続け、
自分のオフィスがある6階まで辿りつくと、
非常ドアを引き開けた。

いつもと変わらない明るい共用部分にほっとする。

8階の開かずの個室だが、
これまで変な噂は一度も聞いたことがなかった。

我々の会社の他の人間も
時折8階のトイレの個室を使う者がいたようだが、
私のような体験をしたものは1人もいなかった。

この話は会社の誰にも相談できなかった。

だがそれ以降、
どんなことがあっても決して最終退室者にならないよう、
気をつけたのは言うまでもない。

【意味怖】意味がわかると怖い話の最新記事