子供のころ家の二階で寝ていて、
夜中に物音で目を覚ました。

階段から誰かが上がってくる音で、
部屋の前で止まった。

気配はあるがドアが開かず、
親かな?どうしたのかな?と思っていたら、
また下から誰かが階段を上がる音が聞こえた。

今度は祖母かな?と思っていたら、
また部屋の前で止まった。

そしてまた下から階段を上がる音が聞こえてきた。

降りる音は聞こえない。

ここで怖くなり布団をかぶった。

それから一睡も出来ず、
階段を登り部屋の前で止まる足音は朝まで続いた。

日が昇るころになると階段を登る足音はしなくなり、
気配も消えた。

誰に話しても、
夢でも見たのだろうと信じてもらえなかった。

その日の朝、
隣の家の犬が死んでいたらしい。

【意味怖】意味がわかると怖い話の最新記事