車飛ばして10分ぐらいの所に、
『安い、だからあまり文句言うな』
な感じの蕎麦屋があった。

そこがある日、
『今日は本気で蕎麦を打ちます』
という貼り紙を玄関に貼っていた。

それを人伝にメールで聞きつけた俺は、
そのメール送ってきた奴ともう一人の計3人で、
その本気の蕎麦を食いに行く事にした。

そして店に入り注文。

出てきた蕎麦を食ったんだが、
それがどういうわけか冗談抜きで本当に旨い。

今まで地味に色んな蕎麦の名店とやらに出入りしたりしたけど、
そこの蕎麦すらも凌駕するほどに旨い。

『ぼくのかんがえたさいこうのおそば』
をそのままリアルに抜き出したような、
そんな人知を超えた旨さだった。

あまりの旨さに、
蕎麦湯を持ってきた店の人を捉まえて、

「こりゃ一体どういうことなんだ?」

と聞いたら店長登場。

店長が言うには、

「上手く言えないけど、
今日はなんかいつもと違う感じがした。
今日は旨い蕎麦が作れると思った」

との事。

これからは食いたいときに最高の蕎麦が食えるなと、
喜びと満足感を胸に、その日は帰途についた。

が、その日の夜のうちに、
その店長は脳内出血で入院。

そのまま退院する事無く死亡してしまい、
結局その店もその日を最後に閉店。

今では月極駐車場に。

その破壊的な旨さの蕎麦は、

『○○○(店名)の奇跡』

という、一部ローカルな伝説で終わってしまった。

【意味怖】意味がわかると怖い話の最新記事