これは、自分の旦那から聞いた話。

その日、
旦那はかなり仕事がたまっていて、
深夜まで残業していた。

その時に同じフロアに居たのは、
同僚のA君のみ。

二人で雑談なんかしながら仕事をしていたんだけれど、
フッ…と話題が途切れて、
何となくそのまま二人とも無言で仕事をしていた。

しばらくして
A君が突然ポツリとこう切り出した。

「人間が一番怖いよね」

何かと思ってその続きを待っていると、
A君は自分の学生時代の体験を話し出した。

ちょうど15年前(のことだとA君は言う)、
大学生だったA君は街中で一人の女の子をナンパした。

自分のアパートの部屋に女の子を泊まらせたんだけれど、
あくる日バイトだったA君は
(朝早かったこともあり、女の子がまだ眠そうだったので)
女の子に部屋の鍵を渡して、

「ポストに鍵を入れて勝手に帰っていい」

というようなことを言って部屋を出た。

その時は

「別に盗られるような物も無いし…」

とノンキに考えていたそうだ。

で、バイトが終わり、
友人たちと夕食を食べてアパートに帰って来たのは、
もう夜の11時を過ぎた頃だった。

ポストをのぞくと、
有るであろうはずの鍵が無い。

まさか、と思いながら玄関のノブを回すと、
すんなりドアが開いた。

中を見渡すと、
電気も付けず真っ暗な部屋の中、
何も映っていないテレビの前にペタンと座った女の子の姿が、
玄関外の廊下からの明かりと窓の外からの明かりで見えた。

女の子はテレビの画面の方を向いたまま、
ただぼんやりとしていたそうだ。

気味悪くなったA君は、
すぐに出て行かせようとしたんだけれど、
女の子が泣きじゃくり、
あと一日だけ泊めてほしい、明日になれば必ず帰るから、
と懇願してきた。

A君は何故かそれ以上強く言えず、
結局その日も泊めてしまった。

次の日、
大学から帰ったA君が見たのは昨日と同じ光景。

さすがにA君も気味悪さ半分、怒り半分で、
力ずくで部屋から追い出そうとしたら、
女の子はどこからか持ち出した包丁を手に暴れだした――――

と、そこまで話したA君は仕事が終わったようで、
突然話をやめてサッサと帰り支度を始め、

「それじゃ」

と帰ってしまった。

旦那はアッケにとられつつも、
その話が結局どうなったのかが気になったのだけれど、
A君の様子が少し変だったこともあり、

(途中で旦那が納得行かない箇所で質問をはさんでも、
「ああ・・」とか「うん・・まぁ・・」とか、
何だか要領の得ないような受け答えだったし)

それに気味悪くもあり、
聞きそびれてしまった。

それから間もなくしてA君は会社を辞めてしまった。

あれからもう5年も経つのに、
旦那はこの季節になると
決まってあの日の事を思い出すらしい。

そして今でも不可解なのは、
同僚として何年も色々な話をしてきたのに、
なんで突然脈絡も無く、
しかもあんな中途半端な話をし始めたのか、ということと、
その話をしている時のA君は旦那に話しているという感じでは無く、
まるで独り言をつぶやいているような感じだったこと。

そして、『15年前大学生』というのは、
その話をした当時28歳だったA君では、
年数がどうしても合わないことだそうだ。

【意味怖】意味がわかると怖い話の最新記事