うちは母子家庭だった。

母ちゃんは地元のスーパーのパートさんで、
一人で俺を育ててくれてた。

親父が何してた人だったかは知らないけど
会った記憶もない、

気が付いたら古い小さな集合住宅の一室で
母ちゃんと二人暮らしてた。

俺は重度の小児喘息の持ち主で、
毎晩寝入りばなと夜明けの体温と空気の温度差が激しくなる頃に発作が出て、
吸入器をくわえさせられ、
おさまるまで母ちゃんが背中をさすってくれていた覚えがある。

時々泡を吹いて息が出来なくなって、
でも母ちゃんがそんな俺を抱えて
救急病院までタクシーで行ったこともあった。

とある、まだ小学校に上がる頃の日、
自分の激しい咳で目が覚めて、
母ちゃんが部屋の電気つけて、
俺はあまりの息苦しさと咳の激しさで意識が飛んだ。

それから暫くしてある日、
家族で隣の市の有名な祭りを見に行こうという話になった。

俺と両親、
それに4歳になったばかりの悪戯な妹と
4人で車に乗り込んだ。

土曜の午後をお祭りを見て楽しみ、
日も落ちたので帰ろうとなった。

高速に乗る前に、
何か夜食べるものを買って帰ろうと、
高速入り口近くのスーパーに車を止めた。

妹がうきゃーと店内に向けて走り出したので、
両親はおいおいと追いかけた。

俺はもう小学生だったので、
自分の食べるものを選ぼうと惣菜コーナーへ行ってみた。

すると三角巾をつけたおばさんが
値札のシールを張り替えてる。

俺は何気にその横顔を見て、
はっと気付いた。

……母ちゃん…?

白髪交じりの疲れたおばさんがこっちを見た。

母ちゃん…?

自分の状況を理解出来ず声を出せないでいると、
おばさんは大丈夫?と言う顔で笑った。

母ちゃん?
俺だよ、名前なんだったっけ?
あなたの息子です。
背中をよくさすってもらってた。

でもこれどう言おう?
なんて言えば伝わるんだろう?
分からないままあうあうとしてた。

おばさんは、どうしたの僕?迷子?
おばさんはしゃがみ目線を合わせ聞いてきた。

懐かしい顔が目の前にあった。

何年も会いたかった母ちゃんの顔が。

子供心に、
いいんだ今の世界がどう混乱しても、
母ちゃんにお礼言いたい、
背中さすってもらいたい、

ただ、母ちゃんありがとうと言いたい、と覚悟を決めて、
呼びかけようとした時に、
不意に後ろから抱きつかれた。

「お兄ちゃん~いた~」

驚いて振り向くと、
妹が無邪気な笑みで笑いかけてきた。

その後を両親がきて、

「食うもん何か選んだか?」

と父さんが聞いてきた。

母ちゃんは

「あら見つかった?良かったね」

と笑い、
立ち上がり両親に会釈をすると
奥へ消えて言った。

お母さんが頭をくしゃっと触り、
お菓子も買っとこうかと言った。

俺は母ちゃんの消えた方を見送りながら、

「うん、そうだね」

と答えた。

全て実話です。

前世ってあるんだなと思った出来事でした。

その人とはそれきり会ってません。

高校生になった頃、
スーパーへ行ってみましたが
潰れてなくなってました。

【意味怖】意味がわかると怖い話の最新記事