私の身に起こった事を聞いてください。

私は趣味といえるほどの散歩好きで
毎日散歩を欠かす事がありません。

特に旅行先などで
知らない道を散歩するのが何より楽しいのです。

その体験をしたのも
旅行先での散歩の途中でした。

夕食後、
ちょっと旅館の近所をぶらつこうと思い、
でかけました。

少し歩くと大きな川があり
幅10m程の河川敷の川よりが遊歩道になっていたので
そこを歩こうと決めました。

遊歩道から川面までは高さ3mほどの法面になっており、
自然に生えた木や雑草で川の流れを見る事は出来ませんでした。

30分くらい歩いたでしょうか。

辺りもだいぶ暗くなり
そろそろ戻ろうかと思っていたところへ
小さな人影が見えました。

近づいてみると
小学校低学年くらいの女の子が一人で泣いています。

迷子かと思い声をかけてみると
川の方を指さして

「お母さんが・・・」

と言います。

お母さんがどうしたのと聞いても顔も上げず

「お母さんが・・・」

と言うだけです。

そのあたりの川は特に草木が多く鬱蒼としており
川は全く見えません。

もしかして身投げかと思い
茂みをかき分けて入ってみました。

「おーい、誰かいますか」

と声をかけてみましたが
返事はありません。

すると河川敷の方で

「どうしました?」

と声をかけられたので見ると、
女の子の横に初老の夫婦が立っていて
こちらを見ていました。

「このあたりに人がいるみたいなんです!」

「そりゃ大変だ。
どっちみちもう暗いし
川の中へ入るのは危ないから
警察を呼びましょう」

と110番してくれました。

しばらくするとパトカーや救急車がやってきて
7、8人の警官が照明を使い
川の中を探しました。

女の子はその様子をじっと見ていて、
不安なのか私の手を握ってきたので
小さな手をぎゅっと握りかえしてあげました。

「いたぞ!」

探し始めて10分もたたないうちに
一人の警官が声を上げました。

他の警官や救急隊員もそちらへ向かいます。

それはちょうど私の正面の茂みのあたりでした。

残念ながら間に合わなかったようで
担架で運ばれたのは
ビニールシートにくるまれた遺体でした。

それが私達の前を運ばれていく時
私の手を握る小さな手に
ぎゅっと力が入ったのを感じました。

私はその子が気の毒で見れませんでした。

ただ泣いていました。

涙を抑える事が出来ませんでした。

警官の一人が事情を聞かせて欲しいというので
あった事を全て話しました。

話し終えると怪訝な顔をして
間違いないか聞き返してきます。

それほど混み合った話でもないのに
妙だなと思いながら間違いありませんと言いました。

しばらく考えた後
警官が口を開きました。

「おかしな事がいくつかあります。
まず先ほど発見された遺体は死後1週間以上はたっています。
おそらくもっと上流で亡くなりここまで流されたのでしょう。」

「そんな馬鹿な事はない。
もしそうだとしたら
ここに母親がいるのがこの子にわかるわけないじゃないか!」

と言いながら
私は手の中にあった小さなぬくもりが
いつの間にか消えているのを感じました。

「もうひとつのおかしな事はそれです。
その女の子を誰も見ていないんですよ。」

【意味怖】意味がわかると怖い話の最新記事