水が減るエレベーターがあるんだけど、
俺はその原理がさっぱり分からずただただ不可思議。

新宿の雑居ビルに入ってるキャバクラに行った時、
キャバ嬢が

「うちのエレベーター乗って下に降りると、
ペットボトルの水が減るんだよ」

と言った。

すごく惹かれる話だったから帰りに実験しようと思って、
店にいらないボトルをもらった。

ちょうどラベルの位置まで水を入れて店を出て、
エレベーターに乗る前に再度水位を確認。

ラベルの線ぴったりなのを見ながらエレベーターに乗り込み、
なるべく目を離さないように1階へ降りた。

特に水が減ったようには見えなかったが、
エレベーターを降りて良く見ると俺の手が傾いてて、
ちゃんと持ち直したら水位はラベルより1センチ近くも低くなってた。

もちろんボトルは蓋をしめてあるし、
水が漏れているという事も無い。

驚いたのでそのボトルを持ったままもう一度上に登ったが、
水位が戻ることは無かった。

別の場所でもエレベーターに乗る度に同じ実験をしてるが、
30回に1度くらいの確率で同じ現象が起こる。

今は実験用の一周ぐるっと線を引いた小さい瓶でやってるけど、
下がる水位の比率はどの瓶でやっても変わらない。

【意味怖】意味がわかると怖い話の最新記事