ある時、ふと気付いたら、
部屋のどこかからか

「ぽたっ、ぽたっ」

と水の滴る音が聞こえてきた。

外は晴れていたから雨漏りではないし、
どこかで水漏れでもしているか?と思って、
耳を澄ませて音のする方を探ってみたら、
周りに水気のない、
ある床の一点から聞こえる。

床が濡れている様子もないのに、
そこから

「ぽたっ、ぽたっ」

と音がしていた。

音のするあたりに手をかざすと、
音がやむ。

手をどけると、また音がする。

かざした手が濡れることはなかった。

真上の天井を見ても、
濡れている感じはない。

頭の中が

「?????」

となっているうちに、
何もしなくても音が聞こえなくなった。

【意味怖】意味がわかると怖い話の最新記事