昔、家族で5階建ての団地に住んでました。

住んでいた部屋は3階。

その頃に体験した出来事を。

俺が中学2年の夏休み、
その団地は古い市営住宅でリビングにエアコンが無いので
夏はいつも窓を全開にしていたんだが、
外から子供の泣き声らしき声が聞こえたのね。

時間は夜10時前。

ベランダに出ると上のほうから聞こえるから、
同じ棟の上階からだと分かった。

最初は

「粗相した子供をベランダに締め出したんだな」

って思った。

そういうのは時々あったから。

夜10時ってのが
少し夜更けすぎかなとは思ったけど。

子供の声は

「お母さん!」
「入れてよお~」

とか言ってるようにも聞こえたけど
すぐに止んだ。

3分もなかったと思う。

で、それから15分くらい経って、
うちの棟の下にパトカーが来た。

夜にサイレン鳴らして来るんだから
住民はびっくりだよ。

母は

「事件だったらどうしよう…」

とかいいながら野次馬に行った。

俺は次の日部活の朝練だったから
野次馬に行かず就寝。

なのでここからは母から聞いた話。

110番したのは
5階に住んでいる家族だった。

あの声の発信源は
そこのお隣り(角部屋)だったらしい。

奥さんが隣から子供の声がするのを聞いてベランダ越しに覗いたら、
隣ベランダで裸の子供が泣いていたので通報したと。

で、その隣部屋ってのは空き部屋なのね。

その子供、無人の真っ暗な部屋に向かって
おかぁさん!とか言いながら泣いていたそうだ。

警察が空き部屋を調べたけど
ドアもベランダも施錠されてて
人の侵入した形跡は無かったらしい。

子供は奥さんが通報した後に再度隣を覗いたらもういなかったそうで、
結局発見されなかった。

うちの棟のうちより上階で幼い子供のいる家庭はなかったし、
通報した家族にも高校生の兄弟だけだったので、
消えた幼児は実はその家族の…ってのは無いと思う。

当時は団地全体でちょっとした騒ぎになったよ。

団地自治会でも問題として挙がったそうだし(母から聞いた)、
話を聞きつけた若い連中が肝試しのつもりで
夜中に団地にやってきて騒いだりとかあった。

まぁ騒ぎになって当然なんだけどね。

俺含めて何人もの住民が
リアルタイムで泣きじゃくる声を聞いていたんだから。

【意味怖】意味がわかると怖い話の最新記事