小学校低学年の時の話です。

ある夏の日、
父と2人で海に釣りに出かけました。

釣りというのは投げてから食いつくまで時間が掛かります。

「時間かかるから泳いでこれば?」

恥ずかしながらも下着姿になり海に飛び込みました。

入ってすぐは浅瀬が続いているので、
楽しく遊んでいました。

しかし、もうちょっと奥へ行こうと足を踏み出した瞬間、
あるはずの足場がなく溺れてしまいました。

もうパニックです。

なんとか浮上しようともがくのですが、
もがけばもがくほど沈んでしまいます。

それでもなんとかと、
もがきながらふと海面を見上げました。

すると、どういうことでしょう。

自分の体の分ほど、
海面に円ができていたのです。

そう、呼吸ができたのです。

呼吸ができたことで冷静になり、
このままじゃだめだと、
浮上するために体の力を抜きました。

思惑どおり、
体はどんどん浮上し海面に到達しました。

そして、
岸に向かってバタ足を開始したと同時に
父が助けに来てくれました。

もしあの時、
海面に円ができていなければ、
今の私はなかったかも知れません。

とても不思議な体験でした。

この話をしても誰も信じてくれないのは残念ですが…。

【意味怖】意味がわかると怖い話の最新記事