小学生位の時、
いつもとは違う人通りの無い道を使ったんだ。

狭い路地で、
同じような古い家やアパートの勝手口とかがあるだけの、
2分もしないで抜ける道。

良く戯れてた猫がいたんで、
座り込んでモフモフしてたんだけど、
日もほとんど沈んでたんで帰ろうと歩き出したが、
いっこうに交差点に出なかった。

歩き始めて5分以上はたって、
さすがに不安になったんで歩くスピードを速めた。

ふと来た道を戻れば帰れると思って振り向いたら、
さっきの猫がいた。

なんだか安心して、
周りを見ると路地の出口がすぐそこだった。

ダッシュして路地を抜けると、
車がグシャグシャになって横転してた。

出口のすぐ横にある標識もグシャグシャに倒されてた。

あの猫が事故から守ってくれたのかもしれない不思議な体験。

【意味怖】意味がわかると怖い話の最新記事