子供の頃、
近所に『猫ばあちゃん』って呼ばれている
優しいお婆さんがいたんだ。

当時80才くらいかな?

なぜ猫ばあちゃんなのかと言うと長くなるが、
まず、実はこのお婆さん全く言葉が喋れない。

ただ猫みたいにニャーニャーと奇声を発する。

いつもニコニコして俺たちと公園で遊んでくれた。

言葉が喋れない代わりに、
まるで猫のように喉をゴロゴロ鳴らしていた。

んでヨボヨボのくせに、
メチャクチャ木登りが早かった!
(今考えるとありえないスピード)

…だが、やがてファミコンブームが来て
あまり外で遊ばなくなってからは、
猫ばあさんとも会わなくなった。

そして数年が経ち、
ふと懐かしくなって
猫ばあちゃん元気かな~?
ってなにげなく親に聞いてみた。

しかし!親は不思議そうに、

「そんな人は知らない」

と言うのだ。

友人の親達も全員、
やはりそんな人は知らないし存在しないと言う。

…じゃあ一体、
俺たちと遊んでくれたあのばあちゃんは何なのさ!?

【意味怖】意味がわかると怖い話の最新記事