母方の伯母の家が山陰の山奥にあって
小2時に長期滞在してた。

伯母といっても長女、
母は末娘で親子ほどの歳の差。

その伯母から

「裏の畑にはたまに猿が降りてくるけど、
トマトとか食べてても目を合わせちゃいけない」

と言われた。

襲ってくるんだと。

でもし見かけたら
この一斗缶を叩け!と
井戸端にぶら下がってた一斗缶を示された。

ある昼下がり、
昼寝からふと目を覚まして
外の便所小屋に行こうとすると、いた。

俺寝ぼけてたので

「あ、猿だ」

とじっと見ちまった。

こっち向いたそいつと
10m位の距離でにらめっこみたいになって、
やべっと思った瞬間に襲ってきた。

真っ黄色な牙をむき出しにしてなんか叫んでた。

襲われる!って思ったら
次の瞬間なぜか弾け飛んだ。

贓物が凄く獣臭かった。

わけわからずに泣きだしたら、
伯母さん(ばあちゃんて呼んでた。
実の祖母は母が幼い頃に亡くなってて伯母さんが母の母代わり)
も昼寝から起きてきて、

泣いてる俺の目に両手を当てて目隠しして、
そのまま井戸端に連れてかれて、
服着たままで井戸水浴びせられて

「じっとしてろ!」

みたいな事言われて、
そこにあった大きな山刀で体中の皮膚の上を撫ぜられた。

あれなんだったのか。

おやつに採れたての玉蜀黍食べた。

甘くて美味しかったけど、
皮向いたら実と皮の間に
猿の歯が飛んで挟まってた。

【意味怖】意味がわかると怖い話の最新記事