オカルト好きで怖いもの知らずの俺が、
完璧になめて瑕疵物権に住んでみた話だ。

物件は駅から徒歩10分、
2LDKで3万5千円。

この地域の相場の半額だ。

不動産屋で、
瑕疵物件で安い所を探してると言って見つけた。

本当に出るらしい。

あまりに回転率が激しい為、
敷金礼金は無しだという事で即決した。

荷物は最低限にした。

すぐ逃げれるようにだ。

実際、段ボール2箱。

以下、その時の記録。

記録は次の日に書いてた。

1日目
特に異変なし。
トイレの電球が切れる。

2日目
部屋中が、なんか臭う。(なにかが腐った臭い)
トイレの電球交換。

3日目
臭いが増してる。
消臭剤を大量に置く。
トイレの電球がまた切れる。

4日目
消臭剤が効かない。
不動産屋にTel。
トイレの電球また切れる。
人生初の金縛り。

5日目
不動産屋が調査。
とりあえず排水管の掃除を専門業者に依頼するとの事。
電球が切れてない事が判明。
消えた理由調査で電気屋に来てもらう。
結果、異常無し。
金縛りに合う。
耳鳴りがひどい。

6日目
職場で、話した事もない事務員さんに
「あなた憑いてますよ」
と言われる。
知ってますよと答える。
部屋にいる間中耳鳴り。
部屋は臭い。
トイレの電球消える。

実家で記録。

結果、7日目で退去。

時間は未確認だが、
寝ていると金縛りで意識が起きる。

目を閉じてるはずなのに見える。

視野の下から顔が出てきた。

閉じてる目にはその姿を逸らす方法は無かった。

多分若いであろう女性。

目は無い。

口を開け近づいてきた。

噛まれると思った。

が、耳元で

「なんでころした」

そう聞こえた。

言葉に出せない俺は
心の中で俺じゃない俺じゃないと叫びながら気を失った。

朝、目覚めて荷物をまとめて退去した。

不動産屋からは自殺だと聞いていた。

退去後すぐ電話し、
確認したがやはり自殺だと言われた。

退去の事を伝えると
鼻で笑われた。

馬鹿な俺は、
その足で警察に行った。

一部始終話した。

話を聞いてくれた警察官が笑いをこらえた

表情で、

「ご協力ありがとうございます」

と言った。

後日談はまだ無い。

【意味怖】意味がわかると怖い話の最新記事