祖父から聞いた話です。

うちの祖父は、
戦争中に所属していた部隊が壊滅して、
生き残ったのは祖父と、
もう一人○○軍曹だけだったそうだ。

しかし、祖父は負傷していて、
足手惑いになるから置いていってくれと頼んでも、
その軍曹は頑として聞かず、
祖父を見捨てずに本隊まで連れて帰ってくれたそうだ。
(祖父の方が階級は下)

その軍曹は普段から特に親しかったわけでもないのにと、
祖父は感謝していたそうです。

戦争が終わって暫くしてから、
祖父はその恩人を訪ねてみたそうです。

それから二人の交友が深くなり、
よく会うようになったんだそうです。

軍曹は、初めから助けるつもりなど毛頭なく、
見捨てようとしていたのだが、
なぜか見捨てることができなかった、
と語ったそうです。

そしてたまたま家系の話になった時、
驚くべきことがわかったそうです。

我が家の先祖は、
戦国時代にあえなく没落してしまった小大名なんですが、
その軍曹は、我が家の先祖に仕えていた家臣の子孫だったのです。

軍曹の先祖は、
没落した我が家の先祖に、
毎年米を送って援助していたんだそうです。

いつからか縁は切れてしまっていたのですが、
何百年も経ってから、家臣の子孫が、
主家の子孫を助けるという、
単なる偶然かも知れませんが、
なんとも不思議な話です。

【意味怖】意味がわかると怖い話の最新記事