母の会社の同僚の話

仮に村上さんとします。

村上さんはいつからか、
肩こりのようなもの(右肩)に悩まされていた。

それまでは、
そういった事に悩むような事は全く無かったそうです。

若い時に旦那を亡くしたらしく、
子供もいなくアパートに一人暮らしなのだが、
肩こりが始まるようになってから毎晩、
不思議な気配を感じるようになったという。

それも右肩あたりに。

他にもおかしな事があった。

会社で吉井さん(仮名)という人と
過去になにかあったらしくとても仲が悪く、
というよりも憎しみあっていて、
何かにつけて衝突していたのだが、
肩こり以来、吉井さんは全くつっかかってこなくなったそうです。

その代わり目が合う度に、
不気味な笑みを浮かべたという。

日に日に、状態は悪化していき、
肩こりではすまなくなったので
病院に行きました。

醜く腫れ上がりかなりの熱をもっていたが、
全くの原因不明。

その後も通院したが、全く回復せず。

そんなある日、
法事で実家に帰った村上さんにお坊さんは怪訝そうにこう言う。

「あなたの右肩、何か良くないね。
一度祓ってもらった方がいいよ」

親戚の目もあり、
そこで深くは聞かなかったが、
アパートに戻ると早速、祈祷師を呼んだ。

やってきた祈祷師は、
村上さんを見るなり愕然とし、

「あなた、生き霊に憑かれてるわ」

と言いました。

祈祷師曰く、
生き霊は肉体も生きている分、
死んだ霊よりも霊力が強いのだという。

その日一日では、
祓いきれず何日もかかるといわれた。

まだ痛みはあり、
御祓いもまだ続いていたが
だいぶ良くなった村上さんは久しぶりに会社に顔を出し
母たちにその話をしていた。

そこへ目の下に、
もの凄いクマを作った吉井さんがやってきて村上さんに言った。

「あなた、生き霊につかれてるんでしょう。
それねぇ、あたしなのよ」

ぞっとする笑みを浮かべて。

その後も、吉井さんは会社に来ていたが、
村上さんは来ることはなかったそうです。

それまであった、
吉井さんの目の下のクマが消えた日だったそうです。

昨日、村上さんが亡くなったという話を聞いたのは。

お通夜に吉井さんの姿をみたらしいが、
終始不気味な笑みを浮かべていたという。

現在も、吉井さんは会社に来てるそうですが、
そのことを聞く人も、近づく人すらいないそうです。

【意味怖】意味がわかると怖い話の最新記事