俺は生後まもなく(2週間以内)の記憶がある。

憶えているのは、
ベッドとその横で添い寝している優しそうな女。

生後間もない俺は、
この女に親近感というかぶっちゃけ好きだと思った。

多分、母親に対する感情だろう。

暫くぼーとしていると、
突然ドアをばーんと開けて、
恐ろしい形相の年取った女とそれより若い女が、
怒鳴りながら部屋に入ってきた。

俺(生後間もない)は
本能的にこの二人は怖いし嫌いだと思った。

その後の記憶はない。

この記憶の意味がわかったのは、
それから30年以上後のことだ。

盆休みに嫁と実家に帰省したとき、
俺の母親が嫁にこんな昔話をはじめたからだ。

俺は生後数日後に、
産院の中で誘拐され騒ぎになったらしい。

すぐに同じ産院の中で俺は発見されたわけだが。
誘拐の犯人は、
中絶するために入院していた水商売の女性だった。

子供を堕したもののやはり子供が可愛く、
たまたま生まれたばかりの俺を見かけ、
つい自分のベッドにつれてきてしまったらしい。

つまり、あの時怒り狂って部屋に来た二人は、
助産婦と俺の本当の母親だったわけだ。

でも、俺にはこの女性を責める気持ちはまったく無い。

というか、
その後のこの女性の人生が
幸福であったことを祈っている。

ところで、このことから考察すると、
生後間もない乳児にも、
ある程度の判断力があるような気がする。

すなわち、
人間の男女の判別・老若・喜怒哀楽恐怖の感情・好き嫌い、などだ。

「憶えているぜ。
あのとき婆さんと二人で怒鳴り込んで来ただろ?」

て言ったら、
俺の母親はびっくりして目を丸くしてたよ。

【意味怖】意味がわかると怖い話の最新記事