男が深夜の高速道路を走っていた。

彼女が助手席に乗っていて、
一緒に目的地までドライブしていた。

トンネルが多くなる山道のあたりだったと思う。

2人はそれまで和やかに話していたが、話題が途切れた。

ふと彼女が男の方をみると、
男はなにやら必死の形相をして運転している。

額には無数の脂汗がにじんでいる。

「どうしたの?」

と彼女は心配になって話しかけるが、
ゼイゼイと喘ぎ声をあげるばかりで、全く聞く様子も無い。

それどころか、男の運転する車はどんどんスピードを上げ、
前を走る車を次から次に追い越していく。

そんな不可解な爆走がしばらく続き、
車はようやく目的地付近のランプを降りた。

降りた途端、

「ふう・・」

と胸を撫で下ろす男。

彼女もほっとしながら再び聞いた。

一体どうしちゃったの?と。

男の答えを聞いて彼女はぞっとした。

前を走る車の後ろに、
白い服を着た長い髪の女性が張り付いており、
こちらを振り返って男の方を見ていた。

しかも、男がその車を追い越しても、
次についた別の前の車の後ろには、
同じ女性が張り付いていた。

追い越しても追い越しても、
その女性は別の車の後ろに張り付いていたそうだ。

高速を降りると、その女性は見えなくなったらしい。

彼女には何も見えていなかった。

男だけに見えていたのだろう。

【意味怖】意味がわかると怖い話の最新記事