うちはいつも父か兄が交代で深夜から犬の散歩に行ってた。

その日もいつも通り兄が犬の散歩に出た。

だけど少ししたら凄い勢いで犬と帰宅、
家で待ってた父が出迎えに行くと
兄が玄関先で靴も脱がずうずくまって泣いてた。

取り乱しまくる兄に俺軽くパニック、
とりあえず寝ろと何も分からぬままその日は寝かされた。

次の日父から聞くと、
兄が変なものを見たらしい。

いつもの川沿いの散歩コースを歩いていると、
川ギリギリの開けた場所に白い人間みたいなのがいるのを兄発見。

深夜だから顔や詳細な形は分からず、
おかしな動きをしてるから
しばらくその白いのを遠くから眺めていた。

でも兄も眺めてるうちに異変を感じる。

その白いのは垂直に高くジャンプをしながら
少しずつ移動。

両手は真横、
T字で音もなく足を折り曲げることなく
完全に伸ばした状態でピョンピョン飛び上がりながら
(キョンシーのイメージに近いんだと思う)、
少しずつ兄の元に近付いて来てた。

兄、これ人間じゃないヤバイと感じて
犬と猛スピードで逃げ帰宅。

正直笑ってしまいたかったけど、
兄の泣き顔なんかウルトラレアだし、
こういう怖い話大好きな父兄がガチでどうしよう通報するかとか
散歩コース変えなきゃとか相談し合ってて信じるしかなかった。

家族全員もうあそこに近付けない。

【意味怖】意味がわかると怖い話の最新記事