小学校の時、学校に夕方に忘れ物を取りに行った。

先生に教室の鍵を借りて、一人で向かった。

その教室は2階の一番端だったんだけど、
忘れ物を取って鍵を掛けて、
ふと外を見ると、
窓に黒い人影が半身だけへばりついていた。

「名探偵コナンの、犯人が分かってない時の犯人の描写」

と説明して分かるかな?

とにかく真っ黒の人影に目だけバッチリ開いたやつ・・・

逃げるよりも先に固まってしまった。

それから10秒ぐらい?

いきなり非常ベルが鳴った。

ビクッとして、
後ろを一瞬振り返って、
もう一度窓の方を見ると、
黒い影が全身を見せるかのように、
横にスライドし始めた。

その瞬間危機感を感じて、
ベルが鳴り響く校内を、
必死に走って職員室に向かった。

金属音が後ろでしたような気がしたが、
気にしている余裕は無かった。

息を切らせて飛び込んだ職員室、先生が

「どうしたの?」

と声をかけてくれた。

そして教室の鍵を
あの場所に落としてきた事に気がついた・・・

状況を説明すると、
じゃ先生も一緒に行ってあげるから、と言われ、
嫌々教室へ戻った。

非常ベルはもう鳴っていなかった。

もちろん黒い影などどこにも居ない。

ただ、あれがへばりついていた窓を開けて下を見たら、
真っ黒い液体が溜まっていた。

先生は首をかしげ、
今日は家まで送ってあげるといってくれた。

あれから特に何も起こっていないけど、
気持ち悪い体験だった。

【意味怖】意味がわかると怖い話の最新記事