親父が肝臓やって死にかけたとき、
母ちゃんと病院の説明室で主治医と研修医から話を聞いた。

大きなテーブルを挟んで対面していたんだが、
気がついたら部屋の隅に三人知らない人が立っており、
上目遣いの凄い形相で主治医を睨んでた。

オレはこれはこの世のものじゃないと思い、
怖くて見ないようにしてた。

誰も気づいていないようだった。

猛反対する両親を遮り、
強引にセカンドオピニオンをし、
違う病院に移した。

親父は告げられた余命よりはだいぶ長生きした。

でもオレはあそこで見た連中の顔が目に焼き付いて、
しばらく安定剤頼みになってしまった。

ほんとに怖かった。

あと、
その病院に見舞いにいったとき、
一度だけあったこと。

乗っていたエレベーターがとまり、
乗り込もうとした看護婦に、
あっ、いっぱいですね、先どうぞ
と言われた。

乗ってたのはオレと母ちゃんだけだったのに。

なんか変な土地に建てちまったんじゃねえの、
あの病院。

【意味怖】意味がわかると怖い話の最新記事