大学生の頃の話。

お盆に帰省して、盆踊りに行った。

折角帰ってきてる事だし、
誰か仲の良かった友達を誘って行く事にして、
一人都合が合い、夜、現地に待ち合わせした。

合流してから、適当に屋台で食べ物買って、
神社のすぐ前の2~3段の階段に腰掛けて、
近況とかいろいろ話してた。

で、楽しかったんだけど、
やたらはしゃいで走り回ってる子供がいて、
その子がこっちの方まで来て、
転んで近くにあった木製の何かにぶつかって(何だったか忘れちゃった)、
その子私らの方に倒れてきたの。

その木製の何だったかは170㎝くらいあって、
上の方がちょっとした丸太位の太さがあって、
角材で、角も尖ってて、かなり重たかったの。

…で、それがこっちに倒れてきた。

危険な目にあった時って、
脳が何とかしようとフル回転して、
時間がゆっくり流れる事あるでしょ?

…私もそうなって、
その中で

『あっ、死んじゃう』

って思った。

角がこっち向いてるし、
倒れる先が完全に3人の方向。

だけどその時、

「びゅうっ」

って風が吹いた感じがして、
目が釘付けになってた角が斜め横にずれた。

…その倒れる瞬間、

“盆には(神社では)誰も死なせない”

って、ちょっと仕方なさそうな感じで頭の中に聞こえた。

結局それは上手く逸れて、
凄い音はしたけどすぐ横に倒れたの。

誰も怪我しないで、
その子はお母さんに怒られてた。

直後私は

「え!?」

って感じになって、友達に

「角がずれたよね!?」

って聞いたら、

「見てなかったからわかんない」

って。

実はその神社って、
私の実家(元々宮大工だったから)が建てた神社だし、
それも比較的出来たばっかりだったから、
何もいないんだと思ってたんだよね。

だから、ちょっと嬉しかったよ。

【意味怖】意味がわかると怖い話の最新記事