私が通っていた音楽学校は、
お稽古事としての音楽教室の他に、
音大受験コースがありました。

その受験コースには4人の先生が常勤していて、
A先生は一番の古株。

表面上は優しく見えますが、
陰険で嫌味連発。

気に食わない生徒には
厳しく当たり散らすと評判でした。

B先生はとにかく厳しいと評判でしたが、
そのぶん音大合格率が群を抜いていました。

C先生はA先生の弟子。

全く叱らない先生でいつもニコニコしていますが、
良くも悪くも生徒に深入りしないと評判。

D先生はこわもて。

変な体育会系というか、
上下関係にうるさく理不尽と評判。

生徒潰しで有名でした。

私はなんとかしてB先生のクラスに編入してもらえました。

評判通りB先生はとても厳しくて、
レッスン中に悔し涙をこぼしたことも何度かあります。

それでも3ヶ月ほどB先生のレッスンを受けているうちに、
私の中に変化が起きていました。

実は私、
小学5年ぐらいから週に1回のペースで金縛りに遭っていたのですが、
B先生のレッスンを受けるようになってから、
金縛りを一度も起こしてないことに気付いたのです。

7月の夏休み前にサマーパーティーがあるのですが、
そこで私は冗談めかしてB先生に言ってみました。

「B先生のレッスン受けてから金縛りなくなったんですよ。
先生って凄いですよねー。
オバケも逃げていくんですから」

B先生はドキッとした顔をした後に、

「それは君が人間的に成長したからだよ。
ただ、ひとつだけ。
君の部屋に古いダンボール箱あるよね?
それは早く捨てておきなさい。
使う用のない箱を部屋に置くのは良くないよ」

私は

『え?先生、何言ってんだろ?』

としか思わなかったのですが……

帰宅して確認してみると、
たしかにタンスの上に中くらいの段ボール箱が
組み立てられたまま放置されていました。

小4の時、
この家に引っ越してきた時のもので、
それ以来、置きっぱなし……

その後も、
B先生から不思議なアドバイスをいくつか貰いました。

言われている時はわからないのですが、
帰宅して確認するとその通りの繰り返し。
(ここらへんについては割愛します)

その後、
B先生の厳しい指導の甲斐もあって、
B先生クラスのほとんどは音大に合格。

私も合格して音楽学校を卒業。

音大に行ってからは、
教授の個人レッスンなどで忙しく、
音楽学校とは疎遠になっていました。

音楽大学を卒業してからは、
B先生とは年賀状だけのやりとりになっていたのですが、
私が28歳の時、
音楽学校時代の友人の披露宴二次会でその後を知りました。

音楽学校はその後、
生徒数減少もあって規模縮小することになったのですが……

その時、
A先生がC先生とD先生と組んで、
B先生の追放を計った、と。

B先生はあっさりと音楽学校を辞職。

人気講師だったB先生がいなくなったことを喜んでいたA先生ですが、
音楽学校の教務室で突然の心臓発作で亡くなり
(他の持病はあったようですが、心臓は元気だったそうです)、

その後、C先生とD先生は、
一緒に酒を飲んだ帰りのタクシーで事故に遭い、
二人とも半年近く入院の重傷。

女性事務員の一人に喉頭ガンが発見され、
生まれ故郷で入院のため退職。

若い男性事務員の一人は、
休日に自転車に乗っている時にトラック巻き込み事故に遭い、
両脚の膝から下を切断の大怪我。

古株の男性事務員は、
就業中に突然の頭痛を訴え救急車で搬送。

脳腫瘍が発見され、
手術困難な部位らしく、
社会復帰は難しいと退職。

なんと、これら全ての病気や事故・怪我が、
B先生退職後の1年半の間に起きていたのです。

そして、音楽学校も閉校……

その話を聞いた半年後に、
私はB先生が音楽監督をやった演奏会をたまたま観に行きました。

そこで約束を取り付け、
後日、B先生とランチをご一緒した時に、
気になっていたことの全てを伺いました。

「先生は、霊感とか、そういうのがあるのですか?」

「私は、視えないよ。
ただ、音が聴こえることがある。
君の段ボール箱の時は、ガサガサとした音が聴こえた。
多分、段ボール箱だな、と思って言っただけだよ」

「あの段ボール箱になにかいたんですか?」

「多分、ネズミかイタチだろうな。
小物だったから、段ボール箱の処分でどうにかなった」

「私の金縛りが消えたのも、
なにか関係があるのですか?」

「それは、私の生徒だからだ。
私の生徒にちょっかいは出させない。
私が強くそう思えば、
そうなることを、経験的に知っていたからね」

「A先生が亡くなったり、
他の先生や事務員に事故が起きたことと、
B先生はなにか関係があるのですか?」

「あるといえば、ある」

「まさか、呪ったとか?」

「そんなことはしない。
あの学校の土地が最悪だったんだ。
私が勤めている間は、私が抑えこんでいた。
しかし、私は辞職したからね」

「じゃあ、B先生が残っていれば、
みんな、無事だったとか?」

「そうかもしれないし、
そうじゃないかもしれない。
ただ、C先生とD先生や、事務員を引っ張ったのは、A先生だよ。
元々、土地が腐っていた上に、
A先生の執着が絡んでしまったから起きた不幸だね」

B先生は、
とても淡々と語ってくれた。

「最後に……
先生は、なんで、そんなに冷静にお話できるんですか?
人が死んでしまった事実があるのに」

「土地に因縁があったとしても、
本人が巻き込まれないように善き行いをしていればいいんだ。
だが、A先生は巻き込まれた。
それはA先生の行いの問題であり、責任だ。
そして、A先生が悪霊になって引き込んだとしても、
悪霊に巻き込まれた人間にも行いの問題があっただけだ」

「そんな……ちょっと厳しすぎませんか?
先生が抑えこめるなら、抑えこんでいれば……」

「結局ね、あの土地が、私を追い出すように仕向けたんだよ。
その土地の因縁に、A先生は飲み込まれた。
そして、そんな土地にしがみつく理由は、私にはない。
なによりも、こんな話、誰が信じる?」

その後、私は結婚し、
子供をもうけました。

B先生に結婚式の招待状をお出ししたのですが、
仕事で外国へ長期出張されているため、
出席はしていただけませんでした。

B先生とのご縁は、
あのランチで切れてしまいました。

そして先日、
音楽学校のあった近くをタクシーで通ったら、
既に新しいオフィスビルが建てられていました。

【意味怖】意味がわかると怖い話の最新記事