自分が小学校4年~中学校2年になるまでに体験した不可解なこと。

自分の学校には、
移動教室なる泊まりがけの行事があった。

泊まる所は毎年同じ所だった。

その施設に初めて行った小4の時からそれは始まった。

初日の就寝後のことだった。

ふと気がついたら、
自分は電気のついてないトイレで、
洗面台の鏡をずっとのぞき込んでいたのだ。

水はジャージャー流れてるし、
知らない内に顔を洗っていたのかびしょびしょだし。

一体どの位そこにいたのかわからなくて、
慌てて部屋に逃げ帰った。

翌日になって、
寝ぼけていたんだろうと自分に言い聞かせてみた。

だけど、次の日も電気のついていないトイレで鏡を見ていた。

自分は怖くなって、
泣きながら先生の所に行った。

以来、中2まで、
その施設に行くたび同じ経験をした。

本当に謎だった。

【意味怖】意味がわかると怖い話の最新記事