出張で羽田発小松行きの空路を利用した時のこと。

この空路はたった1時間で到着してしまうので、
離陸・着陸以外のまっすぐに飛んでる時間が、
30分ほどしかありません。

普段は搭乗中のトイレを我慢しているのですが、
その日はどうにもお腹が痛く、
その30分の間にトイレに行きました。

用を足し手を洗っていたところ、
突然がくんと機体が下がり、
一瞬ゼロG状態に。

慌てて手摺りを掴んだので無事でしたが、
かなり大きなエアポケットのように感じました。

それにしては搭乗客のざわめきが無かったので、
少し奇妙に思えました。

トイレを出て座席に戻ると、
自分の座席にスーツ姿の男性が座っていました。

この席は私の席だと告げると、
男性は自分の席だと言い張ります。

座席番号を確認しても間違いないので、
男性の座席票を確認すると、
なんと同じ番号が印字されていました。

困って立ち尽くしていると、
ドリンクサービス中の客室添乗員に声をかけられたので、

事情を説明し座席票を渡しました。

客室添乗員は座席票を見比べながら、

「同じ番号ですね、申し訳ございません」

などと言った直後、

「えっ」

と驚いた顔をしました。

「すいません。
確認しますので、しばらくこちらの席でお待ち下さい」

と言われ、
空いていた座席に私は座り、
客室添乗員は小走りに前方側に走り去って行きました。

程なくベルト着用の機内アナウンス。

座席はこのままでよいとしても、
仕事道具が詰まったバッグのことが気掛かりで、
ひたすらそのことばかり考えていました。

と、再度の機内アナウンス。

『ご搭乗ありがとうございます、
当機は定刻通り8時〇分に羽田空港に到着の予定でございます』

えっ?一瞬耳を疑う。

言い間違いか?

いや、周りは動揺してないし…。

少し傾いた機体から外の様子が見えた。

そこからは、
見慣れた羽田空港周辺の景色が見えました。

私は羽田発小松行きの便に搭乗中、
小松発羽田行きの便に乗り換えていました。

もちろん、
本当に乗り換えたわけじゃありません。

荷物だけはちゃんと小松空港に着いていました。

なぜそうなったのか、
原因は全くもって不明で、
航空会社の方でも調べていただきましたが、

「前例もなく正式な回答は差し控えさせてください」

とのことでした。

【意味怖】意味がわかると怖い話の最新記事