私の通う大学には
その昔「自習室」というものがあったそうです。

そこは広い部屋ではあったのですが、
なぜか窓が一つもなく、
ドアだけありました。

前期授業の最後の日、
いつものようにA子さんはそこで自習をしていました。

夏の暑い日でした。

夕方頃になって、
後ろの方で「バタン」とドアの方が閉まる音が。

警備員のおじさんが、
中にA子さんがいるのに気付かずドアを閉め、
鍵をかけてしまったのです。

A子さんは慌ててドアに駆け寄りましたが、
おじさんはもう他の場所へ…。

長い夏休みが終わりました。

久々に開かれた自習室、
そこには凄まじい光景が。

かきむしられてぐちゃぐちゃになったA子さんの長い髪、
ドアには無数の手の跡

(血が出るまでたたき続けたのでしょうか、
どす黒かったといいます)

暑さと飢えのためにカサカサになった唇、
A子さんは息絶えていました。

その後、自習室は取り壊されました。

その部屋があったと言われている場所は
現在階段となってます。

例のドアがあったあたりは踊り場になっていて、
今でも夜には「ドンドン」という不気味な音が聞こえてくるとか。

携帯電話のない時代です。

窓のない部屋などあるのかどうかは疑問ですが、
ちょっと怖い気がします。

【意味怖】意味がわかると怖い話の最新記事