俺20代一人暮らし。

隣は40代のおじさん一人暮らし。

俺が夜23時頃に帰宅したら、
何やら女性が大声でがなっている(内容は聞きとれず)。

真面目そうなおっさんだけど、
女と揉めるような事もあるのかぁっと気にしなかった。

しばらくすると女性の笑い声。

仲直りしたのか~
それにしても声でかいな(苦笑)と、
またもや気にせず。

またしばらくすると壁近くで、

「もしもし!?もしもし!?早く出てよ!!」

と大声。

さすがに気になって聞き耳を立てるが、
どうもおかしい。

おじさんの声が全くしない。

気味悪がっていると、
誰かが俺の部屋の玄関の戸をコンコンとノック。

ドア越しに女が

「電話を貸してください」

「**の部屋の電話壊れてる」。

おじさんとは多少のご近所付き合いがあったので、
もしや痴話喧嘩から発展して事件に!?と思い、
電話を貸すため部屋にあげた。

部屋にあがるや否や

「助けて、私殺される!」

と連呼して落ちつかない女(40代くらい)。

警察を呼ぶために電話したいと言う。

女を自室に残し、
とりあえずおじさんの様子を見に行くことに。

部屋は元々なのか、
女と争ってこうなったのかは分からないが
ひどい荒れ様。

びびりながら部屋に上がるも
おじさんの姿は無し。

外れた受話器を元に戻す時に気づいたが、
ツーツーと鳴っていた。

何がなんだか分からないまま部屋に戻ると
女の姿は無し。

泥棒?と思ったが、
パっと見で取られた物は何も無いのでそのまま寝た。

不可解な事件のあとのせいなのか熟睡できず、
夜中に何度も目を覚ます。

そのまま天井をボーっと見てたら、
枕元で何かの気配。

飛び起きて目を凝らして見てみたら、
クローゼットからこっちを見る目。

目が合ったかなっと思った瞬間、
大声で笑い出すクローゼットの中の女。

気が動転して
Tシャツ&トランクスのまま近くのコインランドリーへ逃げた。

朝になって恐る恐る部屋に戻ったら
数人の警察官。

おじさんが呼んだらしい。

俺はただの泥棒じゃないと教えた。

おじさんは心当たりがあったようで、
その日の昼に商品券持ってお詫びに来た。

なにがあったのか、
一体あの女はなんなのか聞けないまま今も隣で暮らしている。

ちなみに、
俺の部屋もおじさんの部屋同様に荒らされてた。

何も取られてなかったけど、
なぜか電話の受話器は外れていた。

【意味怖】意味がわかると怖い話の最新記事