亡くなった祖父が体験したこと。

戦争前。

大学出てそのまま大陸の鉄道会社に就職したそうで、
重慶付近だったかどこだったか、とにかく大陸でのこと。

あるとき、祖父の住んでいた町の近くで蝗の大発生が起きた。

当時この地域は、
何年かに一度こうした異常発生にみまわれたらしい。

蝗の大群は田畑の作物をことごとく食い尽くしてしまい、
食料不足・飢餓も起こったという。

そしていよいよ祖父の住む町にも蝗の大群がやってきた。

家の窓という窓を締めきり、
蝗が入ってこないようにして、
ただただ通り過ぎるのを待つ。

祖父にできることといえばそれだけ。

ただ窓越しに蝗を見つづけるしかなかった。

蝗の群れの中に祖父は変なものを見つけた。

それは異常に大きな蝗。

蝗の体長なんて知れたもの。

大きくても数センチくらいのものである。

しかし、その蝗は桁ひとつちがった。

子犬くらいの大きさはある巨大な蝗が飛んでいた。

しかも、体の色は燃えるように赤い色だった。

祖父は大きさよりも、
むしろこの色で巨大蝗に気がついたという。

祖父は同僚もその蝗を見たということを後日知る。

しかも同僚は、
複数匹が群れて飛行していくのを見たらしい。

祖父と同僚は自分たちの見たものが信じられず、
いろいろ調べたが、
そんなものが載っている資料は当然なかった。

地元の中国人に聞いたりもした。

同じようなものを大群の中に見たものはいたのだが、
それがなにか説明できるものはいなかった。

【意味怖】意味がわかると怖い話の最新記事