僕の親友の小学校時分の話。

今から二十年も前のある日。

両親が共働きだった彼は、
学校から帰ると
一人、居間でテレビを見ていた。

しばらくすると、
玄関の引き戸が開く音がするので
母親が帰ってきたと思った彼は、
驚かせてやろうと
居間の入口の引違い襖のそばにしゃがみ、
足音がよく聞こえるようにと
襖に耳を押しつけて母親を待ちかまえた。

足音は玄関をあがり、
板敷きの廊下を居間に向かって近づいてきて
彼が身を潜める襖の前にきた。

しかし、その足音は入口まできたものの、
襖を開けようとしない。

おかしいと思った彼は外の様子をうかがおうと、
いっそう強く襖に耳を押しつけた。

すると

……ガリ……ガリ……ガリ…。

廊下の向こう側から
ゆっくりと爪で襖をひっかく音がする。

驚いた彼はしばらくその場で硬直したが
意を決して襖を開けると、
ものすごい勢いで廊下を玄関に向かって走るハイヒールの音だけがしたそうだ。

その後彼は自宅で幾度と無く
女の幽霊(?)に悩まされることになる。

作り込みいっさい無しのほんとの話。

【意味怖】意味がわかると怖い話の最新記事